【サーティワン】ロゴのBRってなに?意味や由来について調べてみました!

サーティワン

ピンクを中心にポップな色使いが印象的なサーティワン 。

ロゴにもしっかりとピンク色で「31」の数字が入っているのが伺えます。

しかしこのロゴ、よく見ると「BR」の真ん中部分の色を変えて「31」となっているんです。

「サーティワンって名前なのにBRってなに?どこから来てるの?」と不思議に思った方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回はサーティワンのロゴ「BR」の謎から名前の由来や意味について調べてみました。

【サーティワン】ロゴのBRってなに?

サーティワンのロゴマークである「BR」は創業者の名前の頭文字なんです。

サーティワンアイスクリームは1945年、「1ヶ月(31日)間、毎日違ったフレーバーのアイスクリームを楽しめる」をコンセプトに、アメリカのカリフォルニア州に誕生しました。

その創業者がBaskin(バスキン)氏とRobbins(ロビンス)氏。

この2人の名前の頭文字「B」と「R」を使いデザインされたのがサーティワンのロゴマークになっているというわけです。

引用元:サーティワン公式サイト

ロゴマークには、「Baskin」「Robbins」の文字と頭文字の「BR」が使われ、ピンク色で「31」という数字がデザインされています。

引用元:サーティワン公式サイト

ロゴマークには創業者のBaskin(バスキン)氏、Robbins(ロビンス)氏の名前もしっかり入っているのですが、実は米国を始め海外では「バスキン・ロビンス」と呼ばれているんです!

基本的なロゴは変わりませんが、日本にはある「サーティワン」の記載はありません。

またパッケージに採用されているロゴはまさに「BR」だけと、よりシンプルなものになっていますね。

サーティーワンの由来・意味

米国初め海外では「バスキン・ロビンス」と呼ばれているサーティワン 。

基本的なロゴはほぼ変わらないのに、日本ではなぜ「サーティワン」と呼ばれているのでしょうか?

日本で展開するにあたり、コンセプトである「1ヶ月(31日)間、毎日違ったフレーバーのアイスクリームを楽しめる」という部分を採用し、「サーティワンアイスクリーム」と名付けたそうです。

1ヶ月(31日)間、毎日違ったフレーバーのアイスクリームをお客様に楽しんでいただきたいとの願いから、サーティワンアイスクリームと名付けられました。

引用元:サーティワン公式サイト

日本のサーティワンは不二家とバスキン・ロビンス社の合弁会社「B-Rサーティワンアイスクリーム株式会社」によって経営されていますが、2018年に台湾にも出店。

日本と同じように「サーティワン」という名前で親しまれています。

サーティワンからアイスクリームが無くなった?

サーティワンから無くなった「アイスクリーム」はロゴの「アイスクリーム」

サーティワンは2021年4月1日よりロゴをリニューアルし、「サーティワン」の横の「アイスクリーム」の文字を無くしました。

日本ではもうすでに「サーティワン=サーティワンアイスクリーム」であると認識されているため、この「アイスクリーム」の文字をなくすことでよりシンプルで見やすいロゴに。

また新ロゴは、旧ロゴと比べると「Baskin Robbins」の比率が小さくなり、「サーティワン」の文字も青字にすることで、中心のピンク色の「31」がより際立つようになっています。

これには、「サーティワンのフレーバーのバラエティを今まで以上に伝えたい」という想いが込められているそうです。

旧ロゴよりも前のロゴ

「baskin BR robbins サーティワン アイスクリーム」から「baskin BR robbins サーティワン」へリニューアルしたロゴですが、旧来は「31 Baskin-Robbins サーティワン アイスクリーム」というものだったそうです。

最初から「BR」のロゴがあったわけじゃなかったんですね!

今よりも「31」が強調されていて、ポップな感じというよりも、お洒落で高級感のある感じが伝わってきます。

ロゴはその時代を写す鏡なもかもしれませんね。

まとめ

サーティワンのロゴマーク「BR」は、創業者であるBaskin(バスキン)氏、Robbins(ロビンス)氏の頭文字をとったものでした。

最新のロゴのリニューアルでは「アイスクリーム」の文字がなくなり、よりシンプルなロゴになりましたが、「アイスクリーム」の文字がなくても「サーティワン=アイスクリームショップ」ということが浸透していることが伺えます。

日本では「サーティワン」でお馴染みですが、この呼び方が通じるのは日本と台湾のみで、米国はじめそのほかの国では「バスキン・ロビンス」と呼ばれています。

同じロゴなのに呼び方が違うって面白いですよね。

海外に旅行に行った際は是非「バスキン・ロビンスありますか?」と聞いてみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました