マクドナルドは食べてはいけない?噂の真相を解明!

お店

「マクドナルド」と検索すると、「食べてはいけない」という不穏なキーワードが出てきました。

大型ショッピングセンターで必ずと言っていいほど見かける大手チェーン店のマクドナルドを食べてはいけないとはどういう事なのでしょうか?

そりゃ毎日食べるのは個人的にちょっとどうかなと思いますし、食べた方が良いよ!とは胸を張って言えません。

結論から言いますと、「食べてはいけない」なんて事はありません!

今回は、何故マクドナルドを食べてはいけないなんて言われているのかを調べました。

宣言しておきますと、この記事を書いている本人がマック大好き♡で、食べてはいけないを何とか論破しようと奮闘しておりますので、それを踏まえて読み進めていただけると有り難いです。

何故マクドナルドを食べてはいけないのか?

ジャンクフードだから

一言でいえば【ジャンクフードだから】です。

調べるまで【ジャンクフード】という言葉を日常で良く使っていましたが、恥ずかしながらその意味をしっかり知りませんでした。

ジャンクフード=栄養価のバランス著しく欠いた、食べる価値のない食品です。

 

初っ端からなんてこった!しかも英語で【ジャンク=がらくた】って意味だそうです!

しかもジャンクフードってたばこより中毒性が高いそうです。

そうか…それで無性にマックのポテトが食べたくなるんですね!

まあ、でもジャンクフードってマックだけの話じゃないですもんね、「栄養価のバランス」だけ見ると、炭水化物と糖質の多いお米だって極論ジャンクフードになっちゃいます。

ちなみに、栄養価が高い食品=加工していないものです。

とある番組で、栄養士さん達が選んだ栄養価の高いスーパーフードは【ブロッコリースプラウト】との事です。

添加物が多く含まれているから

添加物が多く含まれているという事は誰もが重々承知の事とは思います。

特に昔は大量の添加物のおかげで24年間ハンバーガーとポテトが腐らなかったり…なんてゾッとする話もありました。

ポテトに関しては、芋と塩と油で出来てるもんだと思っていましたが、なんと11種類の材料から出来ていたそうです。

しかし、それも問題となり今(2021年現在)では確実に使われている添加物は減っています。

ビーフパティも無添加を謳っていますしね♪

食品衛生法で使用が認められている食品添加物を製品と原材料の品質とおいしさを保つことを目的に必要最低限の範囲で使用しています。ちなみにビーフには、保存料など食品添加物は一切使用していません。

マクドナルド公式HPより引用

ただ…どれにどんな添加物が使われているのかはサイトには書いてありません。

店内で調理され容器に入れられずに販売される食品は、原材料・消費期限の表示が免除されているからです。

「マクドナルド 添加物」や原材料で検索をかけると、バンズにはこれだけの添加物が使われている!というブログがヒットしますが、その情報の出どころといつの時点のものなのかは定かではありません。

そして”食べ続けると~”という言葉が多いので、毎日食べるのでなければそんなに怖がることはありません。

またマクドナルドではありませんが、食品偽装事件などが起きたことにより食に対する取り締まりも厳しくなっています。

食品衛生法で使用が認められているものを使っていますし『食べてはいけない』といったことはありません。

この法律は、食品の安全性の確保のために公衆衛生の見地から必要な規制その他の措置を講ずることにより、飲食に起因する衛生上の危害の発生を防止し、もつて国民の健康の保護を図ることを目的とする。

引用元:食品衛生法

何を信じるか信じないかは、あなた次第です(ドォーン!)

1日3食マクドナルド

おっそろしいタイトルですが、これを30日間実践したドキュメンタリー映画があります。

2004年公開『スーパーサイズ・ミー』

この挑戦には過酷なルールがあって、

  • 水や氷まで体内に入れるのは全てマクドナルドのもの
  • Lサイズの上、「スーパーにしますか?」と店員に聞かれたら「はい」と答える。(結構な頻度で聞かれる)
  • 運動はしない
  • 必ず一日3食食べる
  • メニューは一通り食べる

いくらハンバーガーが好きでも、これは拷問ですね(-_-;)

そしてドクターストップが2回出たのにも関わらず、健康を犠牲にして30日間マクドナルドを食べ続けた結果はこちらです。

  • 体重は11kg増加
  • 体脂肪率は18%に上昇
  • 体格指数( BMI )は27に上昇(アメリカ基準では「標準以上」)
  • 躁うつを発症
  • 脂肪肝を発症
  • 性欲減退

wikipedia参照)

結果が予想を裏切らないとはこの事ですね( ;∀;)

ジャンクフードが好きだからと言って、あまり習慣的に食べ過ぎるのは良くないと実際に体現してくれたドキュメンタリーでした。

栄養バランスチェック

マクドナルドは、映画「スーパーサイズ・ミ―」が、第77回アカデミー賞の長編ドキュメンタリー映画賞を受賞し、日本ではナゲットの鶏の不衛生な管理状況と異物混入事件などで客足が遠のいたことから、「健康」「安心・安全」に力を入れています。

マクドナルドの公式HPでは、『栄養バランスチェック』という項目があり、そこで必要な1日の栄養のうち、マクドナルドメニューがどれだけ補えるか(充足率)をチェックすることができます。

☆★栄養バランスチェックはこちらからどうぞ★☆

  1. 栄養バランスをチェックしたい日のマクドナルド商品をリストから選ぶ
  2. 性別・年齢を選択
  3. 日ごろの身体行動レベルを選択

すると、一日を100%とした時の充足率と栄養素毎の数値が確認できます。

エネルギーや脂質、食塩相当量も一目でわかるので店舗で注文する前に確認して一日の食事をマック+不足した栄養素をどう補うか考えれますし、この組み合わせはバランスが悪いぞ!と数値を見て変更することもできますね♪

マクドナルド・・・を食べたい!(まとめ)

防腐剤とか添加物が沢山含まれているのはわかっている。

分かっているけれど、それで食べるのを辞められたら苦労はしないんですよ!

しかも子供ってマック大好きなんですよね。(;´д`)トホホ

添加物を一切摂取しないようなお家ならともかく、周りのお友達が食べているのにうちはダメ!ってかなりハードルが高いです。

マックではないですが、私の幼少期ジュースやお菓子を親に制限されていて、大人になって解放された途端に枷が外れてドカ食いしてしまう…しかもジャンクフードって中毒性があるので中々やめられないんですよね( ;∀;)

絶対にダメ!は将来的にかえって良くない事もありますので、個人的には頻度を減らすのが良いと思います。

例えば週1マックだったのを月2マックにするとか。

そしてマクドナルドを食べた日は、他の食事の栄養を気を付けるとか。

『スーパーサイズ・ミー』のように極端に沢山食べない限り、そこまで体に影響はないです。

手軽で中々にハイスペックなおもちゃもついてくるマクドナルドは魅力的ですしね♪

カロリーや添加物、言い出したら気になる事だらけですが、上手に付き合っていけたら良いですね。

最後まで読んでいただき、有難うございました!

この記事を書いた人

和菓子、洋菓子アイス全般、スィーツ大好きです!
特に大福やチョコパイ、生クリームに目がないです。
少しでも皆様のお役に立てる記事が書けるよう頑張りますので、宜しくお願いします。

お店
スイーツ大陸

コメント

タイトルとURLをコピーしました