シャトレーゼのバターどら焼きって知ってる?人気急上昇中の理由を徹底解説!

お店
  • シャトレーゼのバターどら焼きって何?普通のどら焼きとは違うの?
  • シャトレーゼのバターどら焼きが話題になっているけど、本当に美味しいの?

今スイーツ好きの間でじわじわと人気を集めているのシャトレーゼ。

様々なスイーツが売られている中、一際注目されているのが、バターどら焼きなんです!

実際、2021年6月19日に放送されたジョブチューンの「シャトレーゼ従業員イチ押しメニュー×超一流スイーツ職人」のコーナーでも1位のスイーツとして紹介されていました!

この記事では、そんなシャトレーゼのバターどら焼きがどんな商品なのか、なぜ話題になっているのか、そして何より美味しいのか、徹底解説していきます。

シャトレーゼのバターどら焼きとは

シャトレーゼのバターどら焼きの正式な商品名は「北海道産バターどらやき」です。

通常のどら焼きとは違い、自家炊きの粒あんと、塩味の効いたバタークリームを柔らかいどら焼き皮で包んでいます。

価格は1個120円(税込129円)とリーズナブルですが、カロリーは1個あたり245kcalです。

同じシャトレーゼで購入できる「北海道産大納言どらやき」という商品は1個あたり189kcalですので、少し高めのカロリーではあります。

シャトレーゼのバターどら焼きはなぜ人気?

人気の理由は、こだわりの材料と製法にあります!

こだわり1 生地にヨーグルトを混ぜている

シャトレーゼのバターどら焼きには、もっちりとした生地にするためにヨーグルトが入っています。

生地をふっくらと焼き上げるためには、ベーキングパウダーを入れると思いますが、このベーキングパウダーの主な成分は重曹。

重曹は、酸性の成分が入ると炭酸ガスが発生するため、ヨーグルトの酸と反応させることでふっくら食感が生まれるんです!

バターどら焼きには膨張剤が入っていましたので、上記原理により、ふっくらとした生地になっています。

こだわり2 生地の焼き目はあえて均一にしていない

シャトレーゼのバターどら焼きの生地は、ムラのある虎模様になっています。

これには理由があり、口に含んだときにバターの香りが引き立つようにしているんだとか!

生地を焼くときには特殊な紙を敷いて、焼き色にムラが出るようにしているこだわりっぷりです。

こだわり3 粒あんは北海道の十勝産のあずきと白州名水を使用

シャトレーゼのバターどら焼きの粒あんは、甘みの強い十勝産のあずきと、軟水で雑味のない白州名水を使用し、自社工場で炊き上げています。

そのため、皮までふっくらとした風味豊かなあんこができるんだとか!

こだわり4 バタークリームには沖縄県産の海水塩を混ぜている

シャトレーゼのバターどら焼きのバタークリームは、北海道産のバターと沖縄県産の海水塩を使用しています。

沖縄県産の海水塩の特徴は、刺すような強い塩味ではなく、まろやかな塩味が感じられることです。

芳醇な北海道産バターの風味とまろやかな塩味がマッチし、ミルキーな余韻が続くよう作られています。

いざ実食!そのお味は?

ということで、早速買ってみました〜!

中には粒あんとバタークリームがたっぷり入っています♪

一口食べると、ふわもちな生地と粒あん、そして塩味の効いたバタークリームがバランスよく広がり、とっても美味しかったです!

少しバタークリームの塩味が強いかなと感じましたが、粒あんの甘味と中和され、後味には残らなかったため、そこまで気になりませんでした。

何よりバターの香りに包まれて幸せでした〜♡

生地には、はちみつも入っているため、1歳未満のお子様は食べることができませんので、注意が必要です!

まとめ

この記事では

  • シャトレーゼのバターどら焼きとは
  • シャトレーゼのバターどら焼きはなぜ人気?
  • いざ実食!そのお味は?

を解説してきました。

  • シャトレーゼの自家炊きの粒あんと、塩味の効いたバターを柔らかいどら焼き皮で包んだどら焼き。
  • 以下4つのこだわりが人気を集めている理由。
  1. 生地にヨーグルトを入れてふっくら食感
  2. 生地の焼き目はあえて均一にせず、バターの風味豊かに
  3. 粒あんには北海道の十勝産のあずきと白州名水を使用し、皮まで柔らか
  4. バタークリームには沖縄県産の海水塩を混ぜて、まろやかな塩味

本当に美味しかったので、リピ決定です!

皆さんもぜひ食べてみてくださいね♪

最後まで読んでいただき、ありがとうございました(^^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました