ミスドは冷凍しても美味しい!おススメの方法からコツや注意点も紹介!

お店

街でもテレビCMでもお馴染みのミスタードーナツ。

みんな大好きですよね。

新作が出たり割引クーポンがあったら、ついうっかり買いすぎてしまったりするんですよね。

そんなミスドのドーナツ、実は冷凍保存することができるということをご存じですか?

長期の保存ができれば、まとめ買いをしても安心して好きな時に食べられる!そう思いませんか?

今回はミスドのドーナツを冷凍する件について調べてみました!

ドーナツの冷凍の仕方や、冷凍してもOKなドーナツ、NGなドーナツなどをお伝えしますよ。

ミスドのドーナツって冷凍保存できるの?

そうなんです!ミスドのドーナツ、冷凍が可能なんです!

すべてのドーナツが冷凍できるわけではないのですが、種類によっては冷凍保存をすることができるんですよ。

実は公式HPで冷凍を推奨されているものもあるんです。

保存を目的とするだけではなく、食感を変えたりするのにも冷凍することは実はおススメなんだとか。

その際は3時間程度冷凍庫で凍らせるのが美味しく食べるポイントらしいです。

冷凍してみよう!

冷凍方法

冷凍方法は、1つ1つラップで丁寧に包みます。

さらに保存袋に入れるとgood!

解凍方法

解凍は冷蔵庫でゆっくり解凍する方法がおススメです。

食べる前に冷蔵庫から出し、常温にしておくと良いでしょう。

電子レンジは、食べる前の「温め」のために使うのはよいですが、解凍のために使うと生地が固くなってしまうことがあるので、避けた方がいいです。

また、ザクザクした生地のものは常温解凍してからトースターで「温め」をするのがおススメです。

さっくりした味わいが復活しますよ。

保存期間

冷凍保存の期間ですが、だいたい1~2週間程度とされています。

普通は買ってきた当日に食べ切ってしまった方が良いとされているので、1~2週間保存できるのは嬉しいですよね。

冷凍に向くドーナツ

それでは、冷凍に向くドーナツをご紹介します!

これで大量買いした時でも、慌てて食べなくてもゆっくり楽しむことができますよ。

チョコレート

チョコレート・ダブルチョコレートなどのチョコレート生地を使ったドーナツは冷凍向きです。

凍ったままでも美味しく食べることができ、冷凍することで食感が変わってまた違った美味しさに変化します。

おススメの食べ方は、冷凍庫から出して、好みの固さまで常温解凍したらそのまま食べる!

ザクザク食感のチョコレートドーナツになりますよ

上にかかっているチョコレートが少し凍っているくらいがおススメの食べごろです。

ココナッツチョコレートやゴールデンチョコレートは、トッピングが解凍するときにこぼれやすいので注意してくださいね。

パイ類

人気のパイ類も冷凍向きです。

自然解凍後、オーブンやオーブントースターで温めると出来立てのような味わいになりますよ。

オールドファッション

オールドファッションやチョコファッションは冷凍することでよりザクザク感が増すため、「冷凍ミスドドーナツ」の中でも時におススメなんだとか。

こちらは自然解凍ではなく、トースターで一気に解凍するのがおススメ!

一気に温めることで水分が出てくるのを防ぐことができ、よりサクサク(ザクザク?)感を味わうことができるんです。

オールドファッションを食べる時は、ぜひこの方法を試してみてくださいね。

ただし、チョコファッションの場合はチョコが溶けてしまう場合があるので、様子を見ながら温めてくださいね。

ホイップクリーム系

エンゼルフレンチ・エンゼルクリームなどのホイップクリームが中に入ったドーナツは、冷凍ドーナツにはうってつけだそうです。

冷凍することでホイップクリームがアイスクリームのようになり、普通に食べる時とは違った美味しさが味わえるんだそう!

アイスのような食感を楽しむために、完全に解凍せずに半解凍で食べるのがおススメです。

半解凍だと通常ではふわふわの生地がザクザクした食感になり、中のクリームはアイス状態で、とても美味しく食べることができるそうです。

反対にレンジやトースターで温めてしまうと生地がべちゃっとしてしまうらしいので、解凍は熱を加えずに自然解凍がよいみたいです。

冷凍に向かないドーナツ

残念ながら冷凍に向かないドーナツもあります。

間違えてなんでも冷凍してしまわないように注意してくださいね。

グレーズがかかっているもの

周りにグレーズがかかっているものは基本的に冷凍はおススメできません。

オールドファッションハニー・フレンチクルーラー・ハニーディップ・ハニーチュロなどは残念ですが冷凍には不向きです。

解凍の際にグレーズが一緒に溶け出してしまうため、ベタついて食感が変わってしまうのです。

食感が変わってしまうと、せっかくの美味しさが台無しですからね。

グレーズのかかっているものの冷凍は避けましょう。

ポンデリング

ミスドで人気のドーナツといえば、ポンデリングを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

もちもちとした生地の食感が人気ですが、こちらも実は冷凍には不向きなんです。

一度冷凍してしまうと生地がもちもちではなくなってしまうのです。

また、解凍の際、自然解凍をした場合でもあのもちもちした食感は戻らず、レンジやトースターでは膨らんだりぶよぶよした食感になってしまったりと、解凍方法が難しいのです。

ポンデリングは冷凍せずにそのまま食べた方が良さそうですね。

まとめ

ミスドのドーナツの冷凍方法や冷凍できるドーナツ・冷凍できないドーナツをご紹介してきました。

  • チョコレート生地やザクザクした生地(パイなども)は冷凍向き
  • ホイップクリーム系は冷凍すると通常と違った味わいを楽しめる
  • グレーズがかかっていると冷凍には不向き
  • 独特の食感を楽しむドーナツは冷凍には不向き

ミスドのドーナツを長期間楽しむためには冷凍保存がとてもおすすめです。

さらに解凍方法を工夫することで、味や食感の変化を楽しむこともできます。

解凍方法を変えることで自分好みの食べ方を探すのも楽しいと思いますよ。

ぜひ、あなた好みのミスドのドーナツの食べ方を探してみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました