栄養補助スナック

ソイジョイを食べると太るはデマ!?糖質オフ高タンパクのダイエットの強い味方だった

SOY JOY(ソイジョイ)といえば、コンビニやスーパーなどでカロリーメイトや一本満足バーなどと同じ棚に並ぶ栄養補助食品として知られています。

忙しい時に手軽にバランスよく栄養補給できるので朝食やランチと置き換えする方も多いのではないでしょうか?

その中でもソイジョイは小麦粉を使わず、大豆をまるごと粉にして作っています。

そのため植物性タンパク質が多く、糖質も少ないまさにダイエットの味方☆彡です

しかし、ソイジョイを食べると「太る」なんて声もあります。

本当にソイジョイを食べると太るのか、栄養成分に問題があるのか?など調べてみました。

今からソイジョイで置き換えダイエットをしようとしている方、ソイジョイ大好きな方は是非最後までお付き合い下さい。

ソイジョイって太るの?

結論から申しますと、「太りません」

では何故太ると噂されているのか調べてみたら、「1本じゃたりないから一度に数本食べている」という声が多かったです。

ソイジョイの1本のカロリーはおよそ80~150、糖質は4~11.5gです。

いくら1本のカロリーや糖質が低くても沢山食べればちりも積もれば…です。

食べ過ぎは要注意ですね!

ソイジョイって凄いぞ!

大豆35個分の栄養が凝縮

私たちの身体は主に水分・タンパク質・脂質で出来ています。

タンパク質は筋肉や骨、臓器、皮膚や爪などカラダのあらゆる組織をつくる重要な栄養素です。

大豆には、良質なたんぱく質が沢山含まれていて、ソイジョイには大豆35個分の良質なたんぱく質がぎゅっと凝縮されています。

じゃあダイエット中は水とソイジョイだけ食べてればOKかな♪

実はOKではないのです!!

タンパク質には肉・魚・卵などの『動物性』と大豆や穀物類・ご飯などの『植物性』があり、両方をバランスよく摂取しないと免疫力が低下して病気になりやすくなります!

ですので、ダイエット中一日の食事を全てソイジョイにするのは痩せるかもしれませんが、身体的にはNGです。

お昼に魚を食べて、夜にソイジョイ置き換えなどバランスよく取り入れていけると良いですね♪

低GI食品で糖質をコントロール

GI値が低いほど糖質の吸収が穏やかで太りにくいと言われています。

※GI(グリセミックインデックス)は食品に含まれる糖質の吸収度合いを示す値です。

SOYJOY公式サイトより引用

ドーナツやおせんべいなどはGI値が70以上なのに対し、ソイジョイは55以下です。

オーストラリアのシドニー大学ではGI値が70以上の食品を高GI食品 56~69の間の食品を中GI食品 55以下の食品を低GI食品と定義しています(グルコースを100としている場合)。

大塚製薬公式サイトから引用

ダイエットや日々の生活を送るうえで、カロリーは気にすると思うのですが、糖質って意外と気にされない方多いです。

健康的に痩せるには糖質はあまりとり過ぎないほうが良いです。

かといっても、市販の商品ですと、炭水化物の量は書いてあっても糖質の量は明記されていない事が殆どです。

その点ソイジョイには炭水化物○○kcal、糖質○gと栄養素の欄に表記してありますので、管理がしやすいのではと思います。

一日の糖質摂取量(目安)

活動量の比較的少ないデスクワーク中心の女性(30〜40代)の場合、1日当たり約260gの糖質量が必要だと考えられています。

糖質制限を実践する場合は、はじめ女性は200g、男性は300ℊほどを目安とすると無理なく続けられます。

ソイジョイ別カロリーと糖質

ソイジョイには大きく分け5種類あります。

それぞれの糖質とカロリーを表でまとめてみました(*^-^*)

果実感たっぷり『フルーツ系』

種類糖質カロリー
ストロベリー11.5g133kcal
ブルーベリー11.3g134kcal
3種のレーズン11.3g132kcal
2種のアップル11.8g133kcal

果物好きの方にオススメのソイジョイです♪

ただ、果物は糖質が多い為、糖質制限を余儀なくされている方、糖質制限を自主的にされている方は、『カロリーコントロール80』や『クリスピー』シリーズをオススメします。

しっかり食感『ナッツ系』

種類糖質カロリー
コーヒー&ナッツ6.6g142kcal
抹茶&マカダミア7.2g149kcal
アーモンド&チョコレート7.6g145kcal
ピーナッツ5.4g149kcal

他のシリーズより肌の調子を整え、若々しい美肌にしてくれる大豆イソフラボンを多く摂取することが出来ます。

ラインナップもナッツ好きにはたまらないですね♪

サクサク触感『クリスピー』

種類糖質カロリー
バナナ7.1g115kcal
ミックスベリー
7.6g121kcal
ホワイトマカダミア5.6g130kcal

大豆生地に大豆パフを混ぜこんであるので、他シリーズと比べるとサクッと軽い食感が楽しめます。

しっとり触感『スコーンバー』

種類糖質カロリー
プレーン9.4g117kcal

スコーンのようにホロホロはしていませんが、甘さ控えめなので甘いのが苦手な方でも美味しく食べれるソイジョイです。

カロリーが計算しやすい『カロリーコントロール80』

種類糖質カロリー
アーモンド&チョコレート4.2g80kcal
ブルーベリー6.7g80kcal
ストローベリー6.9g80kcal

1本食べると80kcalという計算しやすい安心感。

糖質も抑えられているので、しっかりダイエットしたい方にオススメです。

まとめ

ソイジョイの成分について調べてみて、一本に豊富な栄養素がぎゅっと凝縮されているすごい栄養補助食品だという事が分かりました。

栄養満点だから食べたら太るという訳ではなく、お米などと比べるとどうしても満足感は劣ってしまいますので、ついつい食べ過ぎてしまう…といった理由からソイジョイは太ると噂されてしまったようです。

ソイジョイはケイタリングに特化した食品ですので、パッケージを開けてすぐ食べれちゃう気安さも食が進んでしまう原因なのでは?と予想しました。

ダイエットにも、日常の栄養補助にも大いに活躍してくれるソイジョイと上手に付き合っていけたら良いですね♪

最後まで読んでいただき、有難うございました!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

naririnrin

和菓子、洋菓子アイス全般、スィーツ大好きです! 特に大福やチョコパイ、生クリームに目がないです。 少しでも皆様のお役に立てる記事が書けるよう頑張りますので、宜しくお願いします。

-栄養補助スナック