アイスクリーム

パナップが小さくなった?どのくらい内容量が減ったのか徹底調査!

近年の食品業界では、値上げや内容量の減少が多くの商品に見られますね。

そんな中、例外ではないのがグリコのパナップ

プラスチックのフタになってからフタの高さでそんなに減っていない錯覚を起こしそうになりますが、減ってます・・よね・・・?

これは個人的な主観ではないはず!いったいどのくらい小さくなったの?

ということで、今回はパナップが小さくなったことについて調査しました!

この記事を読めば、パナップを小さくせざるをえなかったグリコの苦労に共感できるかも?!

ぜひ最後まで読んでみてください♪

\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazon

パナップは小さくなった?

【結論】小さくなっています。

実際、多くの方が「小さくなった」と実感しているようです。

パナップはどのくらい小さくなった?

歴代パナップ 引用:値上げ備忘録

パナップが小さくなってきた変遷

「小さくなる=内容量の減少」が原因なので、内容量の変化についてまとめました。

しかし、パナップは1978年から発売されている商品ですが、発売当初の内容量の情報がみつけられなかったので、1997年から2021年現在までの24年間の変遷をご紹介します

内容量減少量値段商品の変更点
1978年~不明ーーー100円
1997年~190mlーーー100円
2005年~170ml-20ml100円・氷結フルーツソースの比率を40%アップ、ソースとアイスのハーモニーを改良
2008年~160ml-10ml120円(アイス業界全体でアイスの価格上昇がみられる)
2010年~153ml-7ml120円・縦ソース構造からミルフィーユ構造へ変更
・アイス・ソース・チョコレートが層になり、チョコレートのパリパリ食感を楽しめるようになる
・プラスチックのフタがついた
2015年~155ml+2ml130円・チョコレートの層が無くなりアイスとソースのみになる
・ソースがトルネード状になる
・【2016年~】ラクトアイスからアイスミルクへ変更
2019年~155ml変化なし140円 (アイス業界全体でアイスの価格上昇がみられる)
引用:値上げ備忘録

現在のパナップの商品情報

引用:Amazon

【商品情報】

販売者江崎グリコ株式会社
種類別ラストアイス
内容量155ml
原材料名
(グレープパフェ)
グレープソース(国内製造)、乳製品、砂糖、植物油脂、水あめ/安定剤(増粘多糖類)、香料、酸味料、乳化剤、リン酸カルシウム、(一部に乳成分を含む)
アレルギー乳成分

【栄養成分表】1個当たり

エネルギー195kcal
たんぱく質3.2g
脂質7.8g
炭水化物28.0g
食塩相当量0.2g
\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazon

パナップが小さくなった理由

2005年に小さくなった理由

「氷結フルーツソースの比率を40%アップ、ソースとアイスのハーモニーを改良」という商品の改良に伴い、それまでの190ml→170mlへと大幅な内容量が減りました。

2008年に小さくなった理由

原油価格の高騰により、原材料、梱包資材などの副原料や輸送費が上昇した影響で、2008年においては他メーカーのアイスでも多くの商品が価格上昇しました。

この時パナップでは、価格上昇に加えてさらに内容量が170ml→160mlへと減りました。

2010年に小さくなった理由

2010年の変化では、チョコレートが入ったこと、プラスチックのフタが追加されたにもかかわらず、販売価格が据え置かれているので、160l→153mlに内容量が減ったと考えられます。

2015年には増量!しかし価格上昇

2015年にはチョコレートソースが無くなった分なのか内容量は153ml→155mlへわずかに増量しているものの価格も上昇しています・・・。

まとめ

1997年から24年間の変遷ではありますが、パナップは小さくなっていました

1997年→190ml

2021年→155ml

トータルすると24年間でパナップの内容量は35ml減少しています。

単純に内容量が減ったので小さくなったわけですが、昨今の経済情勢の中では仕方がないことなのかもしれません。

2000年代には売り上げが落ち込みブランド存続の危機に陥っていたパナップが、リニューアルを繰り返しながらも結果的に1978年から40年以上ものロングセラー商品となっているのは、グリコの企業努力がうかがえますね。

とはいえ、グリコに限らず今後も企業には「値段はそのままで小さくするべきか・値段を上げてそのままの大きさでいるべきか それが問題だ・・・」とハムレットのような悩みは続くことでしょう。

その時に私たちはどのような選択をしていくのか・・・

でも、美味しければ結局買っちゃうんだよなあ・・

\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazon
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

arimura

食べることが大好きなライターです♪ 主に、スーパーやコンビニで手軽に買える商品について執筆。 読者のみなさんの悩みや疑問が解決するよう、徹底的な調査&解説をモットーにわかりやすい記事を心がけています。

-アイスクリーム