赤城乳業の工場見学倍率は?人気の秘密にせまる!

お店

氷がガリガリした食べ応え抜群のアイスといえば、ガリガリ君!

近年の工場見学ブームもあり、「ガリガリ君の製造元である赤城乳業の工場見学に行ってみたい!」と思ったことがある方もいるのでは?

この記事ではこんな疑問にお答えします。

  • 工場見学に行ってみたいけど、見学の抽選倍率は?
  • 赤城乳業の工場見学はなぜ人気なの?
  • 工場見学の流れ、内容は?
  • 工場見学の予約方法は?

記事の最後には予約方法と合わせて抽選通過のコツについてもお伝えしますので、ぜひ最後までお付き合いください。

現在、新型コロナウィルス感染拡大の影響で工場見学は中止となっています。

※2021年5月時点

最新の予約状況はこちらでご確認できます→赤城乳業工場見学について

赤城乳業の工場見学の倍率は?

赤城乳業の工場見学は、埼玉県本庄市にある「本庄千本さくら『5S』工場」でできます。

工場の名称にある“千本さくら”は、工場横を流れる小山川(こやまがわ)が千本桜の名所となっていることから。

また、“5S”は整理・整頓・清掃・清潔・しつけの頭文字のSをとったもので、5Sは社員教育やモチベーションアップのために取り入れられているコンセプトだそうです。

この本庄千本さくら『5S』工場での見学が大人気で見学予約は抽選になっているのですが、その倍率がヤバイんです!

一番見学予約の倍率が高いといわれる夏休み時期の抽選倍率なんと500倍

数ある工場見学の中で、なぜこんなにも人気なのか下で解説していきます。

赤城乳業の工場見学が高倍率の理由3つ

赤城乳業の工場見学が高倍率の理由を3つにまとめてみました!

1.日にち、人数が限定されている

赤城乳業の工場見学は、土日を除く月曜~金曜(平日の祝日の可)で1日5回1組定員20名。

つまり1日計100名のみとなります。

土日に見学ができるところや人数制限のないところと比べると、そもそも見学できる日数や人数に制限があることになります。

2.無料でアイスが食べ放題

やはり、アイス好きにはたまらない魅力なのは赤城乳業のアイスが無料で試食できることでしょう!

ガリガリ君り限らずさまざまな種類のアイスを見学の時間制限内であれば好きなだけ食べられるのはたまりませんね!

3.アミューズメント要素が多い

私は、同じく無料アイスが食べられるシャトレーゼ白州工場へ行ったことがあるのですが、工場見学の内容は施設内の展示や施設を“見学(見て学ぶ)”要素が大きかったです。

対して、赤城乳業の工場見学の場合は、製造工程や施設の紹介だけでなく、ガリガリ君との写真スポットやアイスのクレーンゲームがあったりオリジナルノベルティグッズがもらえたり…というアミューズメントパークのような要素が強い印象です。

それでは、実際にどのような見学内容なのか解説していきます。

工場見学の流れ・内容

1回90分の見学の流れは以下の通りです。

  1. ガリガリ君の誕生秘話を映像で紹介
  2. 工場服や歴代アイスの展示見学
  3. 実際の製造工程の見学
  4. アイスの試食し放題

ここまで読んで実際予約してみたくなった方へ、次は予約の方法と当選のコツを紹介します!

工場見学の予約方法・当選のコツ

予約方法は2つ

予約方法は、①ネット予約②往復はがきの2つです。

(以前は電話予約だったようですが、現在は電話予約はできませんのでご注意ください。)

受付は、どちらの予約方法でも見学希望月の3か月前の1日から2か月前の20日までです。

ネット予約はこちらから→工場見学について赤城乳業公式ホームページ

当選のコツ

当選の確立を上げる方法としては、工場見学は平日しか行っていないので、多くの人が休みになる夏休みや祝日をさけること。

また、夏休みの倍率は500倍ですが、寒い時期には応募が少なく、2次募集をおこなうこともあるので応募者の少ない冬を狙いましょう

どうしても暑い時期に行きたい!という場合には、10:00~14:30まで予約時間が混みやすいので、朝1番の9:30~か最終15:00~が狙い時です。

まとめ

  • 大人気の赤城乳業の工場見学の倍率は多い時期は500倍!
  • 高倍率の理由は3つ…①1日の見学人数に制限がある②無料でアイスが試食し放題③アミューズメント性が高い
  • 予約方法は2つ…①ネット予約②往復はがき
  • 当選確率を上げるコツ…①夏やすみ・祝日をさける②寒い時期にいく③朝1番か最終時間を希望する

残念ながら現在は新型コロナウィルス感染拡大の影響で赤城乳業に限らずさまざまな企業で工場見学が中止となっているところが多いようです。

新型コロナウィルスが終息した際には、更に予約が殺到しそうですが、一日でも早く安心してまた工場見学に行ける日がくるといいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました