マクドナルド

マクドナルドの新ユニフォームを徹底解剖!2000年代の制服もおさらい!

  • マクドナルド新ユニフォームってどんな雰囲気?
  • 今までのユニフォームはどんなスタイルだった?

マクドナルドといえば、お店のイメージとともに思い出すのはクルーのユニフォームですね。

2019年秋に、6年ぶりにマクドナルドのユニフォームが新しくなりました。

この記事では2019年登場の新ユニフォームの特徴と、マクドナルドのサービスの変化を紹介します。

2000年代に採用されていた、懐かしい歴代ユニフォームも登場しますよ。

マクドナルドの新ユニフォームについて知れば、次回マクドナルドを利用する時の満足度が変わるかも知れません。

2019年導入マクドナルドの新ユニフォーム

2019年10月、マクドナルドでは新しいユニフォームが導入されました。

今回導入されたユニフォームはなんと10代目。

日本にマクドナルドが上陸してから約50年間、今までいろんなユニフォームが使われてきました。

2019年登場の新ユニフォームは、デリバリーサービス、マネージャー、クルー、おもてなしリーダー、マックカフェバイバリスタとそれぞれの仕事内容に合わせた5つのスタイルになっています。

全体的にシックで落ち着いた雰囲気で好印象ですね!

新ユニフォームのポイント

マクドナルドのロゴカラーはアクセントとして使用され、クールな雰囲気のユニフォームにスパイスを添えています。

年齢、性別、また国籍に関係なく、誰でも着やすいユニフォームになっているところもポイントです。

汚れが落としやすくシワになりにくい素材は着心地が良く、仕事の効率がアップしそうですね。

現場のクルーの声を反映し、襟元が開かれている点やシューズにメッシュ素材が採用されている点は、暑くなりがちな厨房内の環境への配慮が現れているようです。

特にクルーユニフォームのシャツのブラックラインや、スリムなパンツ、コンパクトなエプロンはスタイルアップ効果もねらえそうですよ!

新ユニフォームで大きく変わった点は?

スターユニフォームがなくなった

長い間マクドナルドのクルーとマネージャーの間には、「スター」という特別なトレーニングを受けたスタッフがいて、クルーにとって憧れの存在になっていました。

クルーとは別に用意されたスターユニフォームはスキルの証となり、彼らのモチベーションにもなっていたようです。

ところが2019年のユニフォームではスターユニフォームを撤廃、クルーユニフォームに統一されます。

マクドナルドで働いている人、特にスターとして働いている人からしてみればこの変化は重大でしょう。

私はユニフォームにそんな差があるなんて知らなかったのですが...

おもてなしリーダーユニフォームができた

2019年にスターユニフォームがなくなった一方、新しくおもてなしリーダー」というポジションができ、専用のユニフォームが登場しました。

きっちりしたベストスーツのようなスタイルが、キャビンアテンダントみたいでかっこいいですね!

おもてなしリーダーというのはその名のとおり、お客様のおもてなしをする専属のスタッフです。

彼らは主にフロアに立ち、カウンターでの誘導やテーブルでの声がけなど、お客さんに気持ちよく店舗を利用してもらえるように気を配ります。

お客さんにもクルーとの違いがはっきりわかる制服で、プロフェッショナル感が感じられますね。

おもてなしリーダーの登場で、単に安くて手軽なマクドナルドではなく、より満足度の高いサービス提供が期待できるマクドナルドになりそうです!

2000年代のマクドナルドユニフォームをおさらい

2004年導入ユニフォーム

2004年から3年間だけ使用されたユニフォームは、シンプルでかっちりとしたフォーマルな雰囲気のユニフォームでした。

ブラックとグレーが主な配色になっていて、歴代のユニフォームの中でも一番色がおさえられたシックなユニフォームだと思います。

女性のユニフォームはタイトスカートにパンプスなので、厨房内で動き回ると疲れるユニフォームだったかもしれません...

2007年導入ユニフォーム

2007年から6年間使用されていたユニフォームでは、スターユニフォームとクルーユニフォームが全く異なっていました。

クルーがファストフードらしいポップなイメージに対して、スターはマネージャーに近いきちんと感が出ていますね。

この時期のクルーユニフォームは元気な高校生アルバイトのイメージが強かった気がします。

それを考えると、シニアは働きづらかったかもしれません...

その点、2019年導入の制服はシニア層に働いてもらうことも意識したデザインになっているようですよ。

2013年導入ユニフォーム

2013年から導入されたユニフォームは、だいぶ2019年の新ユニフォームと近い雰囲気のカフェ風ユニフォームになっています。

アジア、太平洋、中東、アフリカの店舗で使用されていた国際色豊かなユニフォームでした。

どんな国の人でも着られるようなデザインで、この頃から新ユニフォームへの流れが始まっていたのかもしれませんね。

注目は、クルーとスターのユニフォームの違いがシャツの色だけという点。

マネージャーの制服は2019年版とあまり差がない感じです。

新ユニフォームのマクドナルドでおもてなし体験を!

2019年からマクドナルドのユニフォームは、クルーの声が生かされた機能的でスタイリッシュなユニフォームに生まれ変わりました。

またお客さんのお店体験を向上させることに力を入れた、おもてなしリーダーユニフォームが導入され、マクドナルドはますますサービスに力を入れています。

次回マクドナルドに行った時は、特におもてなしリーダーユニフォームを身につけたスタッフに注目してみてください。

彼らのさりげなく気の利いたプロのサービスで、気持ちの良い時間が過ごせるかもしれませんよ。

-マクドナルド