モスバーガーなら低カロリーで食べられる!選ぶべきハンバーガーをご紹介!

お店

ダイエット中だけど、ジャンクフードが食べたい!

そんな時はありませんか?

食べるなら、せめてカロリーを抑えたい!って思いますよね。

モスバーガーなら、ローカロリーメニューがとっても豊富にありますよ!

そして、そのローカロリーメニューの中でも一番低カロリーな物は何なのか、知りたくないですか?

今回は、モスバーガーの低カロリーランキングをお届けします!

ダイエット中だけど外食をする方、モスバーガーを食べたいけど何を選んだらいいのか迷ってる方はぜひ参考にしてくださいね♪

モスバーガー低カロリーランキング

1位モスの菜摘ソイモス野菜186kcal
1位モスの菜摘テリヤキチキン186kcal
3位モスの菜摘モス野菜207kcal
4位モスの菜摘チキン236kcal
5位モスの菜摘フィッシュ244kcal

「モスの菜摘」が圧勝です。

モスの菜摘とは、バンズのかわりにレタスが使われているバーガーで、バンズを使わない分カロリーや糖質などが抑えられます。

どんなバーガーなのか、それぞれを見ていきましょう。

モスの菜摘ソイモス野菜

「ソイモス野菜バーガー」の具材をバンズの代わりにレタスで挟んであります。

パティは大豆由来の「ソイパティ」が使われています。

186kcal、脂質11.5g、たんぱく質6.8g、炭水化物14.5g

モスの菜摘テリヤキチキン

「テリヤキチキンバーガー」の具材をバンズの代わりにレタスで挟んでいます。

鶏もも肉を1枚使っているため、満足感があります。

186kcal、脂質10.7g、たんぱく質15.1g、炭水化物7.7g

モスの菜摘モス野菜

「モス野菜バーガー」の具材をバンズの代わりにレタスで挟んでいます。

もともと野菜の多い「モス野菜バーガー」にさらにレタスが追加されているので、野菜をモリモリ食べたい時にオススメです。

207kcal、脂質14g、たんぱく質9.4g、炭水化物11.5g

モスの菜摘チキン

「チキンバーガー」の具材を、バンズの代わりにレタスで挟みんでいます。

オーロラソースがレタスとチキンとの相性がとてもいいです。

237kcal、脂質15.3g、たんぱく質9.9g、炭水化物15.1g

モスの菜摘フィッシュ

「フィッシュバーガー」の具材を、バンズの代わりにレタスで挟んでいます。

女性に人気のフィッシュバーガーも、モスでならカロリーを抑えて食べられますよ!

239kcal、脂質16.5g、たんぱく質11.1g、炭水化物11.5g

バンズが食べたい時はこちら!

カロリー的には菜摘シリーズだけど、ハンバーガーはどうしてもバンズがいい!という方はこちらをオススメ!

ソイハンバーガー

パティに大豆由来のソイパティが使われているので、カロリーや資質が抑えられています。

アメリカンマスタードと刻んだ玉ねぎとケチャップというシンプルな味付けになっています。

287kcal、脂質9.4g、たんぱく質11.4g、炭水化物39.2g

テリヤキチキンバーガー

鶏もも肉1枚を使っていてボリュームはあるのですが、案外カロリーが抑えられているテリヤキチキンバーガー。

直火でじっくり焼いたチキンが香ばしく、甘辛い醤油タレとレタスのシャキシャキ感との相性は最高ですよね。

307kcal、脂質10.5g、たんぱく質20.1g、炭水化物32.8g

ハンバーガー

ケチャップとマスタードで味つけしたシンプルなハンバーガー。

こちらもカロリーを抑えめで食べられます。

308kcal、脂質11.9g、たんぱく質14g、炭水化物36.2g

モーニングバーガーB.L.T

朝の10時30分までの限定メニューですが、「朝モス」のモーニングバーガーB.L.Tもカロリー控えめに食べられます。

軽く焼いたベーコンと・トマト・レタス・オニオンスライスに、ケチャップとカロリーハーフマヨネーズタイプで味付けがしてあります。

240kcal、脂質9.1g、たんぱく質8.2g、炭水化物31.1g

まとめ

ダイエット中の外食には危険がいっぱい!

気を付けていないと、あっという間にカロリーオーバーになってしまいます。

その点、モスバーガーの菜摘シリーズなら、安心して食べることができますよ!

お野菜モリモリなので、食物繊維が取れる所も嬉しいですよね♪

低カロリーで食べることができるモスバーガーへ行けば、ダイエット中の外食も怖くない!

コメント

タイトルとURLをコピーしました