スタバのドリンクサイズの読み方は?量とコスパで比べるお得な選び方も紹介!

お店

スタバのドリンクサイズ読み方は?

どのサイズが一番お得?

イタリア式のカフェを取り入れ、アメリカで大成功、今では世界に通用する人気カフェとなったスターバックス。

スタバのおしゃれな雰囲気はお店のインテリアだけでなく、サイズを始めとしたスタバ独特の用語にも表れています。

でも正直、そのサイズの読み方や大きさがわかりにくいのでスタバに入りづらいと思う人も。

そこでこの記事ではスタバ特有のドリンクサイズの読み方と、お得なサイズについて紹介します。

スタバに行く前にこの記事をチェックして、かっこよくそしてお得にドリンクを注文してくださいね。

スタバのサイズ4種類と読み方

スタバのドリンクのサイズと読み方をわかりやすいように表にまとめてみました。

表記読み方サイズ感容量
ShortショートSサイズ相当約240ml
TallトールMサイズ相当約350ml
GrandeグランデLサイズ相当約470ml
VentiベンティLLサイズ相当約590ml

やっぱり他のカフェやレストランにはない独特のサイズ名ですね。

慣れないと正直覚えにくい(笑)!

でもこのサイズに慣れて、すらすら注文できたらかっこいいですよね。

ではそれぞれのサイズの特徴をつかんで慣れていきましょう!

Short<読み方:ショート>約240ml

Short(ショート)は約240mlの一番小さいサイズです。

Short(ショート)は英語で「短い、(背が)低い」などの意味があるので、つまりは小さなサイズということですね。

一般的なカフェだとSサイズとして表示されます。

実はショートサイズはスタバのメニュー表を見ても載せられていないことが多く、日本以外ではほぼ使用されていません。

海外はたくさん飲む人が多いので、需要があまりないのでしょうね。

日本のスタバの場合は、メニュー表にショートが載っていなくても対応している場合があるので、小さいサイズが欲しい時はスタッフに聞いてみましょう。

Tall<読み方:トール>約350ml

約350ml入っていて、一番多くの人が注文するサイズ、Tall(トール)

他のカフェではこの容量だとMサイズとして表示されていることが多いです。

Tall(トール)とは英語で「(背が)高い」という意味なので、ショートとセットで考えられている感じですね。

どのサイズにするか迷ったら、まずはこのトールサイズを頼んでしまうのが楽でしょう。

季節ものの限定ドリンクなどもこのサイズ以上が提供されることが多いです。

スタバで売っているタンブラーもトールサイズをよく見かけますね。

Grande<読み方:グランデ>約470ml

さて、なぜかここからはサイズ表記にイタリア語が取り入れられているのがスタバの不思議、じゃなくておしゃれなところ(笑)

一般的なLサイズに相当するのがGrande(グランデ)で、約470ml入っています。

Grande(グランデ)とは、イタリア語で「大きい」という意味です。

ショートサイズの2倍くらいの量が入っているので、確かに大きいサイズですよね。

トールサイズと並んで、このグランデサイズのスタバタンブラーもよく見かけます。

500mlのペットボトルと同じくらい入っているので、スタバでゆっくり過ごしたい時にもたっぷりドリンクを楽しめますね。

Venti<読み方:ベンティ>約590ml

日本のスタバで見かける一番大きなサイズが、約590ml入っているVenti(ベンティ)

Venti(ベンティ)はイタリア語で「20」を意味しています。

その由来はドリンクの量が、液量を表す単位で約20オンス入っているから。

ちなみに、スタバのメニューをよーく見てみると、ベンティの横には小さくRをまるで囲んだマークがついていることに気づきませんか?

これはアメリカの法律に基づいて、ベンティというサイズの呼び方が登録商標になっていることの印なんです。

つまり、他のカフェは無断でこの呼び方を使うことができないということ。

サイズの名前まで登録してしまうなんて、すごいですね!

アメリカにはもっと大きいサイズがある!

ベンティサイズでもかなり大きいと思いますが、アメリカにはさらに大きいサイズが存在します!

その名はTrenta(トレンタ)

イタリア語で「30」を意味していて、実際には約31オンス=910ml入っています。

日本にもし存在するならXLサイズという感じでしょうか。

よっぽどのどが渇いていていないと一気に飲み切れる感じはしませんね。

エスプレッソだけに使われるサイズと読み方

エスプレッソだけは独特の呼び方がされています。

イタリア風の呼び方が採用されていて、30mlがSolo(ソロ)で、60mlがDoppio(ドピオ)です。

「エスプレッソをドピオで」とかすらっと言えたらかっこいい(笑)

他のドリンクにエスプレッソを追加する場合は、1ショット2ショットという言葉も使いますよ。

英語とイタリア語ミックスのサイズ表示なのはどうして?

小さな2サイズは英語なのに、大きなサイズになるとイタリア語になるというのはなんだかちょっと不思議ですよね。

はっきりとした理由はわからないのですが、イタリアのカフェ文化に敬意を込めてイタリア語の呼び方を採用しているという話が有力です。

スタバはイタリア式のカフェモデルにして発展したアメリカのカフェです。

イタリアのエスプレッソバーのような特別なコーヒー体験を提供することで成功してきた経緯があります。

それを考えると、自然にイタリア語が採用されたというのもわかる気がしますね。

他にはGrande(グランデ)は「豪華な、贅沢な」という意味があるGrand(グランド)という英語の響きと似ていて、音の響きがいいという説も。

英語圏のアメリカであえてのイタリア語というのがオシャレな雰囲気を演出しているのかもしれません。

日本でももしカフェで「小・中・大」とか日本語のサイズ表記だったらちょっとオシャレ感はなくなりますよね(笑)

お得に飲めるサイズはどれ?

量でお得なのはベンティ

サイズが大きくなるほど量的にはお得になります。

スタバの定番、スターバックスラテを例にして比較してみましょう。

サイズ値段100mlあたりの値段
Short(ショート)374円240ml約156円
Tall(トール)418円350ml約119円
Grande(グランデ)462円470ml約98円
Venti(ベンティ)506円590ml約86円

サイズが1つ大きくなるごとに44円ずつ値段が上がりますが、量もその分ちょっとずつ多くなってくれるので、結果として100mlの値段が一番安いのはベンティということになります。

たくさん飲みたい時や、お友達とシェアしたい時はベンティを選ぶのがいいですね。

コスパでお得なのはグランデ

特にエスプレッソ系のドリンクは、ドリンクの中に含まれるエスプレッソ量もお得度合いを測るのにポイントになります。

ここでサイズとエスプレッソ量の変化を表で見てみましょう。

サイズエスプレッソ量(ショット)
Short(ショート)1ショット
Tall(トール)1ショット
Grande(グランデ)2ショット
Venti(ベンティ)3ショット

びっくりなのが、ショートとトールのエスプレッソ量が同じということ!

エスプレッソの量だけ考えると、トールサイズがちょっと損をする感じに見えますね。

実際、エスプレッソ系のドリンクでトールサイズを頼んだ時にエスプレッソの風味が足りないと感じる人もいるようです。

エスプレッソ系のドリンクは、グランデがエスプレッソ量的にコスパ優秀です。

サイズに関係なくお得に飲む方法

スタバには「ワンモアコーヒー」というおかわりが150円もしくは200円の特別値段で注文できるサービスや、タンブラーを持ち込みすることで20円の値引きを受けられるサービスもあります。

このサービスを賢く利用すればサイズに関係なくお得に飲むことができますね。

スタバのおかわりとタンブラーの持ち込みにはちょっとしたポイントやコツがあります。

それぞれに記事を書いているので、気になる方は下のリンクからチェックしてみてくださいね。

スタバのおかわりでおさえておきたい7つのポイント!おすすめカスタマイズも紹介!

スタバのタンブラー持ち込みがお得!環境とお財布に優しいカフェタイムを過ごそう!

スタバのサイズの読み方を覚えてスマートに注文しよう!

スタバにはスタバ特有のサイズの呼び方があります。

英語とイタリア語が使われているのでちょっとややこしいですが、それもまたスタバらしさやオシャレな雰囲気を感じる材料になっていますよね。

せっかくなら、スタバのサイズの読み方とお得なサイズを覚えて、スマートにお得にスタバドリンクを注文してみましょう。

量で選ぶならベンティ、エスプレッソのコスパで選ぶならグランデ、迷ったらトールで。

でも、もし読み方がわからなくなってもスタッフが親切に対応してくれるので緊張しなくて大丈夫ですよ。

それでは、イタリア風のカフェで非日常体験を心ゆくまで楽しんでくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました