カカオ95%は太る?meijiカカオ95%について調査しました!

チョコレート

近年、メディアによく取り上げられている高カカオチョコレート。

高カカオチョコレートの代表とも言えるmeijiさんのカカオ95%チョコレート。

チョコレートは太るというイメージがある方もいるかと思いますが、カカオ95%の高カカオチョコレートはどうなのでしょうか。

今回の記事では、カカオ95%は太るのか?効果や成分などご紹介いたします。

カカオ95%は太るチョコレートなの?

カカオ95%は他のチョコレートに比べると太りにくいチョコレートです。

カカオ95%の栄養成分はこちらです。

エネルギー31 kcal
たんぱく質0.7 g
脂質2.6 g
炭水化物1.4 g
糖質0.6 g
食物繊維0.8 g
食塩相当量0 g
1枚5g あたりの栄養成分表

他のチョコレートと比べると脂質と糖質が低いのがわかります。

一般的に販売されているチョコレートは脂質が3〜6gほど、糖質が5〜7gほどあります。

同じmeijiさんのミルクチョコレートの栄養成分表がこちらです。

エネルギー307 kcal
たんぱく質4.2 g
脂質19.1 g
糖質28.5 g
食物繊維量1.9 g
1枚55gあたりの栄養成分表

ミルクチョコレートは55gあたりの栄養成分ですので少し比べにくいですが、計算すると大体5gあたり脂質が3gほど、糖質が5gほどなのでカカオ95%の方が低いことが分かります。

脂質と糖質は取り過ぎてしまうと肥満になってしまうので、脂質と糖質が低いカカオ95%は太りにくいチョコレートと言えます。

ただ食べ過ぎてしまうのは良くありませんので1日3〜5枚を目安に摂取してくださいね。

カカオ95%チョコレートが太ると言われる理由

先ほどもお伝えしましたが、カカオ95%はチョコレートの中でも太りにくいです。

カカオ95%で太ってしまった方は摂取し過ぎてしまった可能性があります。

1日3~5枚を目安に摂取しましょう。

カカオ95%はダイエットに向いている?

カカオ95%はダイエット中のおやつにとてもおすすめです。

カカオ95%を食べたことがある方は知っているかと思いますが、カカオ95%って全く甘くないんです。

苦く渋みもあり市販で売られているチョコレートとは少し違いますよね。

カカオ95%を初めて食べた時は思ってたよりも苦くて私の知っているチョコではない!と衝撃的でした。

あの苦い正体はカカオポリフェノールといいダイエットに嬉しい成分なのです。

カカオポリフェノールには、腸内環境を整え、便通を改善してくれる食物繊維が豊富に含まれています。

ダイエット中は便秘になりやすいので予防のためにも積極的に摂りたいですね。

私個人の感想ですが、カカオ95%独特渋みのあるチョコレートは他の甘いチョコレートに比べると1枚で満足感が得られる気がします。

食べすぎ防止にもなるのでダイエットに向いているチョコレートだと思います。

カカオ95%は体に良い?驚くべき効果とは?

カカオ95%に含まれているカカオポリフェノールには美容効果や認知症予防にも良いそうです。

カカオポリフェノールには活性酸素の働きを抑える抗菌化作用があるため肌のくすみやしわ、たるみを防いでくれます。

またアルツハイマー型認知症や認知機能との関連性があるとされている細胞に働きかけて脳の認知機能を高めるという研究報告もあります。

カカオ95%の効果的な食べ方

カカオ95%に含まれているカカオポリフェノールは体内に体内にとどめておくことができないそうです。

一気にたくさん摂取しても排出されてしまうんです。

なので毎日数回に分けて食べると効果が持続することができます。

1日の摂取目安量は3〜5枚です。

ダイエット中の方は食前に食べると満足感を得られるので食べすぎ防止にもなりますのでおすすめです。

まとめ

チョコレートでもカカオ95%は太りにくいチョコレート菓子です。

ダイエット中のおやつとしてもおすすめです。

ただカカオポリフェノールは体内に貯蓄することができないので毎日数回に分けて摂取するようにしてください。

初めて高カカオチョコレートを食べるという方は、meijiのカカオ95%と同じシリーズのカカオ72%、86%から試してみるのも良いかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました