お店

【サンクゼール】ジャムの口コミ!まずい?美味しい?実際の声を紹介!

フルーツやナッツ類などの材料を使用して作られ、豊富な種類が販売されているサンクゼールのジャム。

朝食で食べるパンに塗ってみたり、これからサンクゼールのジャムをお供に加えてみようか検討されている方もいるでしょう。

このサンクゼールのジャム、既に食べている方の口コミは、どのようなものが挙がっているでしょうか。

サンクゼールのジャムの口コミについて調べており、自分自身に合ったジャムを選びやすくなりますので、ご覧ください!

サンクゼールのジャム、口コミは

サンクゼールのジャムは、公式オンラインショップをのぞいてみると、色々なタイプのものが見つかります。

公式オンラインショップは、ネットまたはサンクゼールの公式アプリからもアクセスできますよ。

引用元 久世福・サンクゼール公式アプリ

こちらの写真は、サンクゼールの公式アプリからアクセスした、公式オンラインショップ「商品カテゴリー」のページ。

「ジャム」を選択すると、株式会社サンクゼールが運営するもう1つのブランド「久世福商店」のジャムも一緒に出てきます。

これらのジャムについての口コミはどのようなものが挙がっているのか、見ていきましょう。

※サンクゼールと久世福商店の違いについては、以前に別の記事でご紹介していますので、よろしければご覧ください。

サンクゼールのジャム、甘さは強め

濃い甘さで、そのままダイレクトに食べるというよりも、何かに塗ったり乗せたりして食べることが多いジャム。

サンクゼールのジャムについても、やっぱり甘さは強めの味に仕上がっているようですね。

際立つ甘さが特徴的なサンクゼールのジャムですが、味そのものは「美味しい」という声が挙がっていますね。

その他、ジャムの味自体に関する全体の口コミを見ていても、「美味しい」といった類いのものが目立った感じ。

低評価のものは、あまり見受けられなかった印象でした。

サンクゼール ジャム

サンクゼールの「オールフルーツ」は甘さ控えめ

「ジャムと違い甘すぎず美味しい」という口コミのこちらの一品は、「オールフルーツ」という商品。

オールフルーツには、こんな特徴がありますよ。

サンクゼールのオールフルーツ
  • 原材料は全て果物由来で砂糖不使用、果汁で甘味を調整
  • 保存料不使用
  • 低温調理技術により風味や色を保ち、果肉の形を残すことも可能に
  • 二段仕込み製法により原料の果物を2回に分けて投入、1回目の投入でコクを出し、もう1度後から投入することで、フレッシュ感を出せる

以前は商品の名称が「オールフルーツ」ではなく、「オールフルーツジャム」だったようです。

ただ中身は変わらずに砂糖不使用・無添加で、このような商品を探していた方は嬉しいですね。

サンクゼール「オールフルーツ」

サンクゼールのジャムは季節限定品が楽しめる

サンクゼールのジャムは、その時期だけに買うことができる、季節限定品も販売されますよ。

秋を代表する味覚の1つである、さつまいもや栗を使用したジャムで、手軽にパンと一緒に楽しめたようですね。

2021年秋の限定ジャムは、秋らしい4種類が登場しましたよ。

  • 「さつまいもりんご」
  • 「スイートポテト」
  • 「モンブランクリーム」
  • 「くりきんとん」

秋の到来をジャムと一緒に楽しめますし、さつまいもや栗好きの方は、「食欲の秋」も加速してしまいそうな一品ですね。

季節限定品だけに、美味しかったのでリピートしたい!と思っても、しばらくして時間が経てば、姿を消していることも。

ですが、お気に入りのものを買いそびれてしまっても、次の時期もまた美味しい限定品が登場するはず!と期待してしまいますね♪

次の2021年冬には、3種類の季節限定品が登場しましたよ。

  • 「レモン&チーズ」
  • 「塩キャラメル」
  • 「ラズベリーチョコ」

新しい季節の新しいワクワク感も感じられそう、また新たなお気に入りの一品も見つかるかもしれませんね。

サンクゼールのジャムは試食で味を確認できる

サンクゼールのお店でジャムを購入するとき、店内にジャムクラッカーが置いてあり、一緒に試食できることがあるみたいですよ。

購入時に前もって味見ができると、中身を気にすることなしに心置きなく買えますし、嬉しいですね。

私の場合はそのようなとき、なるべく色々な種類を試しているはずなので、お腹が膨れていそう(笑)

上の写真のクラッカーが、サンクゼールのお店でジャムの試食用として使われているものです。

このオリジナルクラッカーですが、もともとは試食用のためだけに作られていた一品でした。

そのようなとき、お客さんからの評判が高くなっていき、商品化する運びとなった、という経緯があるとのこと。

今では正式な商品として販売されており、サンクゼールの公式オンラインショップからも購入することができますよ。

サンクゼール 「オリジナルクラッカー」

サンクゼールのジャム、ギフトセットで贈り物

サンクゼールのジャムはギフトセットとして、数種類が詰め合わせになった商品もあります。

ジャムや甘いもの系がお好きな方に、贈り物やプレゼントなどで用意すれば、喜んでもらえるかもしれませんね。

こちらは公式オンラインショップで販売されている、「オールフルーツとパンにぬるアーモンド・くるみのギフト」。

化粧箱包装付きで価格は税込3,800円で、それぞれのジャムを単品で買うよりも少し高めになっているようです。

これは価格の中に、包装代などが含まれているためなのかもしれません。

ジャムを贈り物として使いたいとき、ギフトセットを上手く活用してみてはどうでしょうか。

サンクゼール 「ジャムギフトセット」

サンクゼールのジャムをピックアップ

サンクゼールのジャムについて、豊富な種類の中から、いくつかピックアップしてチェックしてみましょう。

①「バタージャム いちご」

1つ目は「バタージャム いちご」で、内容量195g、価格は税込561円。

原材料は主役のいちごに、バターや生クリームを加えて、クリーミーな食感が楽しめる仕上がり。

普通のいちごジャムとはまたひと味違って、乳製品を使っているため、ミルク感が溢れる一品となっていますよ。

いちごのフルーツ感が感じられる香りも、瓶の中にしっかりと封じ込められているみたいです。

いちごの美味しさに乳製品のコクがプラス、どちらも好きな方にはたまらない組み合わせですね。

サンクゼール 「バタージャム いちご」

②「プリンジャム」

そして2つ目は「バニラ香る プリンジャム」で、内容量140g、価格は税込810円。

北海道産の濃縮乳に卵を加えて作られた、濃厚なカスタードクリームのような味わいで、「プリン」を体感できそう。

さらにバニラビーンズを使用することで、あの甘ーい良い香りがプラスされ、食欲のスイッチが入ってしまうかもしれませんね。

https://twitter.com/Matya55Dai/status/1377900848001343489?t=m5hZAUsBarzNv5kyTEPHwg&s=19

実際にパンに塗って食べてみても、まるでプリンかのような味わいを実感できるようで、「塗るプリン」ここにあり。

内容量は「バタージャム いちご」に比べると少なめ、これははまれば無くなるスピードも早まりそうですね。

サンクゼール 「プリンジャム」

まとめ

サンクゼールのジャムについての口コミは「美味しい」といった類いのものが多くみられました。

  • 甘さバッチリ系、控えめ系がある
  • 季節限定品も要チェック
  • お店で試食できる機会もあれば、お見逃しなく

ぜひ自分自身にピッタリ合ったサンクゼールのジャムを見つけて、お食事に美味しさをプラスしてみてください!

-お店