マクドナルドで注文できる裏メニューって?おすすめの美味しい裏メニューも紹介!

マクドナルド

マクドナルドでも裏メニューが注文できるの?

どうしたらマクドナルドで裏メニューが注文できる?

マクドナルドのメニューのおすすめの食べ方は?

マクドナルドはいつの時代も大人気のファストフード店です。

マクドナルドの変わらない美味しさはありがたいけれど、いつも食べているメニューだけではちょっと物足りないな、と思うこともありますよね。

実はマクドナルドでも裏メニューが食べられる方法があります。

この記事では、マクドナルドで注文したり自分でカスタマイズしたりして作り出す、裏メニューの数々を紹介しますよ。

ちょっとアレンジをしてみると、いつものメニューがもう少し美味しく感じるかもしれません。

マクドナルドで裏メニューを試してみよう!

マクドナルドでは以前に公式で「裏メニュー」を販売していましたが、現在公式に裏メニューと発表されているものはありません。

マクドナルドで注文できる裏メニューは、あくまで自分の好みでトッピングなどをアレンジをするメニューになります。

店員さんに注文のときにお願いするものの場合、カスタマイズに時間を取られるので、混雑している時は避けてあげてくださいね。

店舗や店員さんによってもカスタマイズに対応できるかどうかは変わってきます。

もし断られてしまったら、いさぎよく爽やかにあきらめましょう(笑)

自分で食べるときにアレンジするだけのメニューもあるので、店員さんにカスタマイズをお願いする勇気がなくても裏メニューに挑戦できますよ!

カスタマイズ裏メニュー<バーガー編>

塩バーガー

マクドナルドの店員さんの間でひそかに人気といわれているのが、塩バーガーです。

ハンバーガーのケチャップとマスタードを抜き、パティにつけられている塩胡椒味だけで楽しむ通なバーガーとなっています。

シンプルで美味しそうですよね!

店員さんに頼むときには、「ケチャップ、マスタード抜き」とお願いしましょう。

ちなみに、ピクルス・玉ねぎ・レタス・ソースなどのトッピング材料は無料で増減が可能なんです。

トッピングを自分の好きな量にカスタマイズして、美味しくして食べてみてください。

プレーンダブチ

ケチャップとマスタードを抜いたダブルチーズバーガー、その名もプレーンダブチ

玉ねぎとピクルスまでも抜いて、バンズとパティとチーズだけというシンプルなバーガーになっています。

店員さんに注文するときは、「ケチャップ、マスタード、玉ねぎ、ピクルス抜き」と伝えましょう。

素材の味が十分に引き出される組み合わせなので、肉とチーズの味を楽しみたいときにぴったりです!

ドリンクハンバーガー

ドリンクハンバーガーは、学生さんたちのインスタ投稿を中心に人気になりました。

店員さんにお願いするものではなく、購入したコールドドリンクのストローにバーガーを自分で突き刺して楽しむ裏メニューです。

食べやすいかどうかはともかく(笑)、インスタ映えは間違いないですね!

ドリンクのカップの大きさと、バーガーのサイズのバランスを考えながらチャレンジしましょう。

シャカチキバーガー

ありそうでなかった美味しい裏メニュー、シャカチキバーガー

ハンバーガーとシャカチキを注文し、食べるときにハンバーガーの中にシャカチキをはさみます。

シャカチキのおすすめフレーバーは、スパイシーなレッドペッパーです。

チキンのジューシーさとスパイシーさが食欲を増進してくれますよ。

ぜひお試ししてみて欲しい一品です!

陸海空バーガー

マックの代表バーガー3つを1つにまとめた豪華なバーガーが陸海空バーガーです。

なんだか強そうな名前がついてますよね(笑)

陸代表となるのは牛肉を使用したビッグマック、海代表が魚を使用したフィレオフィッシュ、空代表はチキンを使用したチキンクリスプです。

単品でそれぞれのバーガーを購入し、自分で重ね合わせると陸海空バーガーの完成!

ものすごくお腹が空いているとき、とにかくカロリーがあるものをガツガツと食べたいときにおすすめの一品ですよ。

カスタマイズ裏メニュー<サイド編>

塩ナゲット

塩バーガー同様、塩味のシンプルさを楽しむのが塩ナゲットです。

ナゲットには通常ソースがついてきますが、それをあえて断り(笑)、店員さんに「塩をいただけますか?」と聞いてみましょう。

対応できるかどうかは店舗によって違いますが、ペーパーナプキンなどに塩をのせてくれる場合もあるようです。

ちなみに、通常ナゲットのソースはバーベキューとマスタードどちらかを選ぶようになっていますが、2つとももらうこともできるんですよ。

ポテトinシェイク

ポテトinシェイクはあまじょっぱい味が好きな人におすすめです。

ポテトとシェイクを単品で注文し、食べるときにポテトをシェイクにどっぷりと浸けて食べます。

ポテトの塩とシェイクの甘さのバランスが最高!

シェイクの味はバニラ、ストロベリー、チョコレートどれも美味しいですが、特にストロベリーがおすすめです。

できればポテトは揚げたてだと一段と美味しくなりますよ。

アップルパイinシェイク

最高のスイーツの組み合わせが、アップルパイinシェイク

シェイクのバニラ味とアップルパイを単品で購入し、食べるときにアップルパイをシェイクに浸けて食べます。

アップルパイにバニラアイスクリームを乗せたデザートの感覚ですね。

この際カロリーは気にせず(笑)、思いっきり甘いものを楽しみましょう!

ポテトをカスタマイズしてみよう

揚げたてポテト

マクドナルドのポテトは細いので、すぐに冷えてしなしなになってしまいますよね。

そこで店舗で食べるときに特におすすめしたいのが、揚げたてポテトを注文することです。

時間がかかるかもしれないので、あまり店が混雑していないときに店員さんに「ポテト揚げたて」をお願いしてみましょう。

マクドナルドで提供されている揚げ物商品(チキンフィレオ・エビフィレオ・チキンクリスプ・フィレオフィッシュ)はお願いすれば揚げたてを出してくれることがあるようです。

熱々揚げたてのポテトはカリカリっとしていて美味しいですよね!

ポテトの塩のカスタマイズ

ポテトの塩は好みで少なくしてもらったり、多くしてもらったりすることができます。

塩多め、塩少なめ」など、自分の好きな塩の量を注文時に伝えてみましょう。

小さなお子さんと一緒にシェアしてポテトを食べるときに、塩を別に添えてもらうようにお願いする方もいるようです。

塩分が気になる方は「塩なし」を注文するのもいいですね!

ポテトにつけるケチャップをもらう

ポテトを食べるときは塩よりケチャップ派の人もいますよね。

私はどちらかというとケチャップ派です。

マクドナルドでは、ポテトを注文するときに「ケチャップください」とお願いすると無料でケチャップをつけてくれます

ポテトを塩なしで注文、ケチャップをつけて食べるというのも美味しいですよ!

ドリンクをカスタマイズしてみよう

氷の量のカスタマイズ

マクドナルドでは、冷たいドリンクを注文するときに氷の量をカスタマイズできます。

暑い日でも冷房の効いた場所だと、氷がたくさん入っている飲み物を飲むと体が冷えますよね。

私は冷たいものが苦手なので、夏場でもたいてい氷抜きを注文しています。

ドリンクの種類によっては対応できないこともあるので、頼みたいドリンクを言ってから「氷の量を調節してもらえますか?」と聞いてみてもいいかもしれません。

ミルク・ガムシロップを追加注文

マクドナルドでアイスコーヒーやアイスティーを注文すると、2個までなら無料でミルクとガムシロップをつけてくれます。

私の友人は無類の甘いもの好きで、ブラックコーヒーやストレートティーは飲めないらしく、マクドナルドでも必ずガムシロップを2つもらっていました。

それでも足りないらしいんですけどね(笑)

3、4個もらおうとしたときにはちょっとびっくりされたようなので、頼むなら2個までがよいようです。

うれしい裏サービス

箱から包み紙に変更

マクドナルドのビッグマックなど箱に入っているバーガーは、包み紙に入れてもらうことができます。

手を汚すのが嫌なときにおすすめですよ。

注文するときに、「箱ではなく包み紙で」と伝えてください。

包み紙があればしっかりと具材を包み込んでくれるので、お子さんが食べるときもぼろぼろとこぼす心配がありません!

バーガーのハーフカット

友人と一緒だと、マクドナルドのバーガーの違う味をそれぞれ頼んで食べ比べすることもありますよね。

シェアしたいときにおすすめなのが、バーガーのカットを頼むことです。

注文のときに、「バーガーを2つにカットしてください」と言ってみましょう。

お店によっては自分でカットできるよう、パンケーキ用のプラスチックナイフとフォークを渡してくれることもあるようです。

カットしてあればスマートにシェアできるので、うれしいサービスですよね。

マクドナルドの裏メニューでちょっと楽しいスナックタイムを!

マクドナルドでは、自分のカスタマイズ次第でいろんな裏メニューが作れます。

注文や食べるのにちょっと勇気がいるメニューもあるかもしれませんが、たまには冒険も面白いですよ。

自分なりのアレンジで美味しい裏メニューを極めてみるのも楽しそうです。

マクドナルドの裏メニューで、楽しいスナックタイムを過ごしてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました