マクドナルドでカロリー低い系メニューは?カテゴリー別ベスト3でヘルシーな食事を!

マクドナルド
  • マクドナルドでカロリー低いメニューは?
  • マクドナルドのメニューの低カロリーな組み合わせは?

手軽で美味しい、気軽に入れるお店の代表といえばマクドナルド。

たとえダイエットをしていても、時々無性にマクドナルドが食べたくなることってあるんですよね。

そこでこの記事では、マクドナルドカロリー低い系メニューをカテゴリー別に紹介します。

お店に行く前にサクッとチェックできるように、ベスト3に絞り込んでいますよ。

マクドナルドでもヘルシーな食事を楽しみましょう!

マクドナルドのカロリー低いメニュー:カテゴリー別ベスト3!

レギュラーバーガー編ベスト3

まずは食べる機会が多いであろう、レギュラーのメニューからカロリーの低い順に並べると…

メニューカロリータンパク質
1ハンバーガー256kcal12.8g
2チーズバーガー307kcal15.8g
3フィレオフィッシュ326kcal14.3g
マクドナルド公式サイト参照

シンプルなバーガーほどカロリーも低い!

ちなみにハンバーガーは中にケチャップとマスタードが入っているカロリーが計算されていますが、実は裏メニューとして話題なのがケチャップとマスタード抜き塩バーガー

カロリーを気にしてというより美味しいと話題なのですが、カロリー目線で考えてもケチャップとマスタード抜きにしてみるのもいいかもしれないですね。

意外だったのは、揚げ物でカロリーの高いイメージのあるフィレオフィッシュが3位にランクインしていること。

それだけ、全体的なバーガーのカロリーの高さがうかがえます…

ダイエット向きの低カロリーかつ高タンパクなバーガーなら、チーズバーガーがおすすめですよ。

☆マクドナルドの裏メニューが気になる人はこちらもおすすめ☆

マクドナルドで注文できる裏メニューって?おすすめの美味しい裏メニューも紹介!

朝マックバーガー編ベスト3

仕事前やお出かけ前に何かと便利、朝マックの低カロリーベスト3は…

メニューカロリータンパク質
1ベーコンエッグマックサンド292kcal15.9g
2エッグマックマフィン311kcal19.2g
3ホットケーキ322kcal8.3g
マクドナルド公式サイト参照

卵・ベーコン・チーズがはさまったTHE朝食メニュー、ベーコンエッグマックサンドが1位!

低カロリーで高タンパクな組み合わせで朝からしっかりダイエットを意識するなら、エッグマックマフィンが優秀ですね。

実はちょっと注意なのが、ホットケーキのカロリー。

ホットケーキはシロップとバターを追加していないプレーンの状態で322kcalなんです。

ここにシロップ(121kcal)とバター(60kcal)をつけると、ホットケーキだけで合計503kcalも摂ってしまうことになります!

ダイエット中の朝マックでホットケーキを選ぶなら、シロップとバターは我慢ですね…(泣)

どうしても甘いものが食べたい!という場合はマックグリドルベーコンエッグ(396kcal)をチョイスするのもいいかも。

サイド編ベスト3

バーガーとセットで満足度を上げてくれる、サイドメニューの低カロリーメニューなら…

メニューカロリータンパク質
1サイドサラダ10kcal0.5g
2ヨーグルト59kcal3.2g
3えだまめコーン83kcal5.2g
マクドナルド公式サイト参照

圧倒的1位はやっぱり、サイドサラダ!

サイドサラダは2種類のドレッシングが選択できるのですが、実はここからがポイントですよ。

  • 低カロリー玉ねぎ7kcal
  • 焙煎ごまドレッシング101kcal

2種類のドレッシングには90kcal以上の差が!

そのため低カロリーにしたいなら、商品名どおり「低カロリー」な玉ねぎドレッシングを選びましょう。

ちなみにサイドメニューの定番・ポテトは、惜しいことにSサイズでも4位にランクインする225kcal。

ナゲットも270kcalとランキング外の結果になりました。

ドリンク編ベスト3

しっかり水分補給に、ドリンクの低カロリーベスト3は…

メニューカロリー
1コカ・コーラゼロ0kcal
1爽健美茶0kcal
2アールグレイティー
(Sサイズ・ストレート)
2kcal
マクドナルド公式サイト参照

コカ・コーラゼロと爽健美茶はどちらも0kcalということで、同着1位扱い。

コカ・コーラゼロも爽健美茶も、どのサイズを選んでも0kcalなんです!

お口をさっぱりさせるなら爽健美茶、バーガーとの相性を考えるならコカ・コーラゼロと、その時の気持ちで使い分けできるのがうれしいですね。

アールグレイティーはホットでもアイスでもカロリーに変化はありません。

低カロリーな組み合わせ例:朝マック

ここまででカテゴリー別の低カロリーメニューがわかったところで、せっかくなので組み合わせしてみましょう!

朝マックで低カロリーを狙うなら…

  • ベーコンエッグマックサンド292kcal
  • サイドサラダ(低カロリー玉ねぎドレッシング付き)17kcal
  • ダージリンアイスティーかホットティー(Sサイズ・ストレート)2kcal

3つのセットで合計311kcalで朝食が可能です!

食事の組み合わせからすると優雅なイングリッシュブレックファストのよう(笑)

サラダは満足感が少ない、と感じるならサイドをえだまめコーン(83kcal)にしてみては?

カロリーは60kcalくらい上がりますが、えだまめコーンは歯ごたえがあるのでしっかり噛むことで満足度がアップしますよ。

低カロリーな組み合わせ例:レギュラー

昼休みにマクドナルドでランチ、でも低カロリーに抑えたいなら…

  • ハンバーガー256kcal
  • サイドサラダ(低カロリー玉ねぎドレッシング付き)17kcal
  • コカ・コーラゼロ0kcal

の組み合わせはいかがでしょう?

合計273kcalでランチができちゃいます。

でもこの組み合わせだとお腹が空きそう…と思うならサイドをシャカチキ(243kcal)にしてみては?

どうせカロリーが上がるならポテトSサイズ(225kcal)を選ぶという手もあるのですが、同じ揚げ物でもシャカチキならタンパク質もしっかり摂取できますよ。

公式サイトで栄養バランスがチェックできる!

この記事で紹介したメニューのカロリーと栄養価はマクドナルド公式サイトに掲載されている表を参考にしています。

それだけでなく、マクドナルドの公式サイトでは栄養バランスチェックまでできちゃうんです。

サイトではメニュー・性別・年代・生活スタイルを選ぶと、選択したメニューの栄養バランスをグラフと数値で表してくれます。

私も大好きなビッグマックセットを注文するイメージで、ビッグマック・ポテトMサイズ・コカコーラゼロを選択してチェックしてみたところ、脂質のところに注意マークが出てきました!

ビッグマックセットだと合計カロリーは935kcalと、明らかに1食でカロリーを摂りすぎていることがわかりました…(泣)

栄養士からのアドバイスも表示してくれるので、気になる人はぜひチェックですよ。

マクドナルド公式サイト

栄養情報一覧

栄養バランスチェック

マクドナルドでヘルシーな食事を!

手軽に美味しい食事が取れる現代だからこそ、ヘルシーな食事は自分で心がけたいですね。

マクドナルドでもよく選べば低カロリーな食事も可能!

日頃の食事の選択が自分の健康や寿命につながっていると思うと、毎日しっかりコントロールしていこう!という気持ちになります。

でも無理しすぎてストレスを溜めないように、たまにはごほうびやカロリーのことばかり考えない日もあっていいですよね。

マクドナルドのメニューを上手に使ってヘルシーな食事を楽しんでください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました