成城石井のアメリカンクッキーはまずくてコスパも悪いが、たまに食べたくなる美味しさ

成城石井

【成城石井】と言えばコロナ禍の影響で業績を上げた数少ない勝ち組と言っていいですね。

ネットをはじめメディアではその成城石井の勢いにあやかるような情報が多いですが、

あえて、

【成城石井】の商品についてを歯に衣着せぬ感想を言っていこうと思います。

今回はアメリカンクッキーアソートを取り上げる事にしました。

アソートと言いながら全部同じような見た目ですが、食べてみると、正直おいしいです!

良くも悪くもおおざっぱな感じがアメリカらしくて異国情緒あふれる逸品ではないでしょうか?

【成城石井】アメリカンクッキーの詳しい情報をお伝えしたいと思います。

【成城石井】アメリカンクッキー、基本情報

価格、内容量は?

価格は647円(税込)。

10cm位で大きいですね。

内容量は全部で8枚

  • チョコチップ4枚
  • バニラ
  • マカダミアホワイト
  • オートミールレーズンウォルナッツ

の詰合せになっています。

ただし、チョコチップ4枚以外はランダムのようで、表示も推定値となっております。(全種類入ってない場合もあります?)

たっぷり入っていますが、クッキーでこの値段は、コスパが良いとは思えませんね、成城石井的な値段だと思います。

アメリカンクッキーの種類

ベースとなっている生地は同じだと思われます。

バニラ
チョコチップ
オートミールレーズンウォルナッツ
マカダミアホワイト?入ってなかったかも。。

見た目の区別が難しいですね、、パッと見て袋の外から判断するのは無理かもしれません。

まあしかし、こういうおおざっぱな感じが海外の製品っぽくて、楽しめる人には良いですが、国内で製造しているのでしょうか?

調べましたが、分かりませんでした。

美味しさの秘密?

オールバターの表示があります。

厳選した素材を使っているから美味しいのですが、最近では特に驚くような事ではないです。(売手の主張)

国内で手に入る材料では出せない味か?

かルディで売ってるような輸入品には国産のクッキーには無い美味しさがありますね。

現地で使っている材料を日本で手に入れるのは難しいでしょう。

日本で手に入る製菓材料(バター、小麦粉、卵など)は、海外の物に比べて味が薄い傾向があり、輸入品を除いてさっぱり(薄い)とした風味になっている事が多いです。

画像:ミスターイトウ

ミスターイトウのクッキーも美味しいですが、輸入品と比べると繊細であっさりと感じます。

成城石井のアメリカンクッキーは海外か国内製造か分かりませんが、(たぶん国内でしょう)そういう意味では異国らしさを実によく表現できていますね。

私は輸入品と決めつけていたのですが、危うく恥ずかしいレビューをするとこでしたw

まとめ

【成城石井】アメリカンクッキーを紹介しました。

私の一番オススメのフレーバーはチョコチップですが、8枚中、4枚入っているのは嬉しいですね!

正直、普通のスーパーで売ってるクッキーより割高で作りも雑ですが、1枚が大きいので小腹を満たすのに丁度いいです。

ステラおばさんのクッキーもアメリカンカントリースタイル(国産)ですが、アメリカ的な味なら、成城石井の方に軍配があがると思います。

たとえ、成城石井のアメリカンクッキーが国産だとしても、アメリカの素朴な味をとても良く表現できていますね!(アメリカらしさを出す為、パッケージ含め緻密な計算をしている?)

結局、成城石井さすがです、という感じになりましたが、気になる方は是非試してみて下さい!

この記事を書いた人
藤原 敏夫

1974年生まれ。ポール・ボキューズ、ノブTOKYOで製菓製パン、ペストリーを学び、日本人唯一MOF取得者の美ノ谷靖夫氏に師事。独立してベッカーフジワラを15年経営して廃業。現在はブーランジェリー職人として勤務しながら、経験を活かした記事を執筆中。

藤原 敏夫をフォローする
成城石井
スイーツ大陸

コメント

タイトルとURLをコピーしました