あめ・ミント・ガム

【ポイフル】「うまい」の声はどんな感じ?色々な感想を聞いてみよう!

カラフルな装いでフルーツ感たっぷりなグミ、明治のポイフル。

小さくまとまって、名前の通り手軽に口までポイッと運べますし、日頃からお供に持っている方もいることでしょう。

ポイフル好きな方は、どのようなところに「うまい!」、「美味しい!」と感じるのでしょうか。

ポイフルの美味しさの声を中心に調べてみましたので、ご参照ください!

ポイフルの「うまい」はどんなところ?

外側をコーティングする糖衣

ポイフルはグミの部分が糖衣でコーティングされているのが特徴。

グミもさることながら、この糖衣がうまいという声も。

この2層の食感を美味しく楽しんでいる方もいますね。

また、ポイフルは箱タイプ(小粒)と袋タイプ(大粒)で糖衣の仕様を変えています。

箱タイプは硬めで、袋タイプは弾力もあるソフトな食感の糖衣に仕上がっているとのこと。

それゆえに、どちらのタイプが美味しく感じられるか、好みが分かれてきそうなところですね。

無音で、うまい

https://twitter.com/fbMYx0EqYe8fkf3/status/1396719124198219776?s=19

これはグミの持つ、揺るぎない長所ですね!

スナック系のお菓子などとは違い、音が出ません。

実際に食べてみると、糖衣の部分も分厚い仕上がりではないので、噛んでも音はさほど感じませんでした。

アレンジして、うまい

毎日食べているものにポイフルを掛け合わせると、手軽に変化を美味しく楽しめそうですね。

もとがカラフルで小さな粒状のお菓子なので、デコレーションに使っても見映えがよくなりそう。

ちょっとしたアイデアで、一工夫を加えれば、特別感を演出できるかも!?


うまい!と感じるあまり、食べ過ぎにはご用心、ちょうどいい量を楽しみましょう!

メジャーリーガーの間でもうまいが爆発!?

メジャーリーグ、ロサンゼルス・エンゼルスで二刀流として活躍中の大谷翔平選手は、スイーツ好きとしても知られています。

そしてポイフルもお気に入りのようで、球場まで持ち込んで食べたり、チーム内で広めたりしているそうですよ。

引用元 Shinsuke Handyman

大谷選手は明治とサポート契約を結んでいた関係で、明治の担当者にポイフルを送ってもらったのが始まりとのこと。

日本のお菓子は美味しくできていますし、チームメートも大好きになってしまうかもしれませんね。

エンゼルスのベンチにポイフルが!

日本人メジャーリーガーが、日本の美味しいお菓子を広めるきっかけになるなんて、素敵なことですね。

一緒に森永製菓のハイチュウも置いてある様子。

ちなみにこちらも、元日本人メジャーリーガーがチーム内に持ち込み、アメリカに広まる火付け役となったそうですよ。

注目度の高いメジャーリーガー、野球だけでなく、多岐に渡る場所で活躍しているんですね!

まとめ

ポイフルは色々な角度から、うまいの声が聞かれています。

普通に食べるだけではなく、アレンジレシピに活かす方も。

ポイフルをつまんだり、活用の仕方次第で、毎日の生活にもちょっとした彩りが加わるかもしれませんよ!

-あめ・ミント・ガム