バターとマーガリンの違いって何?徹底解説します!

材料

パンのお供、お菓子作りや普段の食事にと、使われているバターとマーガリン。

日常生活でバターやマーガリンは必需品ですよね。

目的や用途によって使い分けていらっしゃる方も多いのでは?

私たちが何気なく使っているバターとマーガリン、その二者は一体何が違うのでしょうか?

今回はそんな疑問にお答えするべく、バターとマーガリンの違いを調べてみましたよ!

ぜひチェックしてみてくださいね。

バターとマーガリンの違い

バター 乳及び乳製品の成分規格等に関する省令(乳等省令)
マーガリン 日本農林規格 (JAS規格)

成分規格や製造方法が上記によって決められています。

バターは乳脂肪分80%以上、マーガリン類は油脂含有率80%以上がマーガリン、80%未満のものはファットスプレッドと区別されています。

バターとマーガリンは、まずここから違いがあるのです。

原材料

バター牛乳の脂肪のみ
マーガリン コーン油、大豆油、パーム油、なたね油、綿実油などに、乳や乳製品、食塩、ビタミンA、乳化剤、着色料

バターは牛乳の脂肪のみで作られていますが、マーガリンには様々な材料が使われているんですね。

製造方法

バター牛乳からクリームを分離して撹拌し、乳脂肪を凝集させて作る
マーガリン食用油脂に水、食塩その他乳成分、ビタミンなどを加えて混合乳化し、冷やし固めて作る

乳脂肪を凝集させる方法と、乳化して冷やし固める方法の違いがありました。

栄養成分

バター良質な乳脂肪とビタミンAが豊富に含まれている
マーガリン脂質含量としての量はマーガリンも同程度だが、原料が異なるため構成する脂肪酸やコレステロールの量が変わる

栄養成分だけを見ると、バターの方が優れているように見受けられますね。

風味の違い

バター牛乳特有のクリーミーな芳香や豊かな風味がある
マーガリンあっさりとした味わいがある

「濃厚なバター」「あっさりとしたマーガリン」と、風味もかなり違ってきます。

カロリーの違い

バター大さじ1杯あたり112kcal
マーガリン大さじ1杯あたり115kcal

意外なことに、カロリーにはあまり違いはありませんでした。

バターの特徴

バターは、牛乳から分離したクリームを凝固させて作られています。

バターは、室温(20℃程度)の状態ではとても柔らかいのですが、冷蔵庫などで冷やすと固くなってしまいます。

一方で、30℃前後になると溶け始め、40℃に近づくと完全に液体になります。

温度によって形状が変化しやすいのもバターの特徴となります。

バターは乳脂肪が主成分となっているため、香りや風味がよく、コクと深みがあります。

お菓子やパンの材料に使えば、香り高く、しっかりとしたバターの風味を楽しむことができます。

価格については、一般的にバターはマーガリンより高い値段で売られていることが多いです。

マーガリンの特徴

マーガリンは油脂を原料に、バターに似せて作られた加工食品です。

バターよりも、比較的安価に購入できるバターの代替として作られた食品…という訳です。

冷蔵庫で冷やしてもバターのようにカチカチに固くなるようなことがないので、冷蔵庫から取り出してすぐに使えるのが特徴です。

バターと比較すると、マーガリンはあっさりとした味わいになっています。

お菓子作りなどに使えば、軽くてふんわりした食感が楽しめます。

バターのような価格の変動があまりないので、いつでも安定した価格で購入できる点も嬉しいポイントですよね。

バターの上手な使い方

バターは加熱しても風味はあまり損なわれません。

そのため、料理に風味を効かせたい場合には、バターが最適です。

反対にマーガリンは溶けるとサラダ油などと大差がなくなってしまいます。

マーガリンの上手な使い方

サンドイッチなど、冷えた状態で使う場合には、やわらかいマーガリンの方が便利です。

また、スポンジケーキやクッキーなどを作る際は、バターよりもマーガリンのほうがサクッと軽い口当たりに仕上がりますよ。

まとめ

バターとマーガリンの違いを見てきました。

香りが良くコクのあるバター、あっさりとして使いやすいマーガリン。

それぞれに良さがあり、どちらがいいというものではなく、どのようなものを作りたいのかでバターとマーガリンを使い分けるといいのではないでしょうか。

特徴を生かし、ぜひ自分の好みで使い分けてくださいね♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました