洋菓子

【東京風月堂と神戸風月堂の違い】各風月堂のお菓子に違いはある?

・東京風月堂と神戸風月堂に違いはある?
・お菓子の種類も違うの?

季節の贈り物として風月堂を利用しようとして、デパートのカタログを見ていると、『東京風月堂』と『神戸風月堂』のお菓子が掲載されていました。

同じ風月堂という名前だけど、別の会社なの? それとも姉妹店?

どっちを選んだ方が良いかな?

そんなことを考えた方に読んで欲しい記事です。

この記事を読むと、東京風月堂と神戸風月堂の違いが分かり『贈り物をあげたい相手に最適なのはどれか』が分かるようになりますよ。

\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazon
神戸風月堂
\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazon

東京風月堂と神戸風月堂の違い

東京風月堂と神戸風月堂の違いを簡単に説明すると。

  • 商品は、元祖のゴーフルはそれぞれが受け継いでおり、同じようなゴーフルがある。
  • 他のお菓子は各会社で開発されたものがあり、それぞれに特徴がある。
  • 神戸風月堂にはブッセがある。
  • 東京風月堂はバタークッキーやリーフパイがある。

といった感じになります。

なので、ほっくりしたブッセが好きな方にギフトを送る場合には、神戸風月堂。

バタークッキーや、リーフパイ等、バターたっぷりのサックリお菓子が好きな方にギフトを送る場合には東京風月堂がおすすめということになります。

ちなみに東京風月堂と神戸風月堂は、発祥は同じで、暖簾分けがあった後、別会社として発展していったので、会社としては別です

東京風月堂と神戸風月堂、お菓子の違い

風月堂には、東京風月堂、神戸風月堂の他に、上野風月堂等もあります。

各メーカー、おおもとは同じで、暖簾分けした後、別会社となりました。

なので、基本のお菓子は大体同じです。

風月堂のメインのお菓子と言えば、『ゴーフル』

ゴーフルは、大人の顔程もある大きな洋風おせんべいで、二枚重なっており、間にクリームがはさんであります。

クリームの基本は、バニラ、ストロベリー、チョコレートです。

基本のゴーフルは、3社共通です。

その他のお菓子については、各メーカー、あったりなかったり、まちまちです。

各メーカーの特色をまとめてみました。

各風月堂の特徴的なお菓子

東京風月堂のリーフパイ

リーフパイはおおきな木の葉型のパイです。

サックリとしてバターの風味が豊かです。

東京風月堂にはそれ以外にも、バタークッキ等もあります。

うさらんど

バターの風味が好きな方への贈り物に最適ですね!

\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazon

上野風月堂のグレメアレン

グレメアレンはガナッシュの入ったパウンドケーキです。

その他には、プロフェドールというアーモンドキャラメルクッキー等もあります。

ギフトセットも、色どりが華やかだと聞きました。

うさらんど

ガナッシュ好きな方への贈り物に最適です!

\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazon

神戸風月堂のブッセ

ブッセは、クリームがはさんであるフワッとしたお菓子です。

季節ごとに様々な味のブッセが販売されますよ!

うさらんど

ふんわりとしたお菓子が好きな方への贈り物に最適です!

\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazon

各風月堂の歴史

東京風月堂は1872年に開店

東京風月堂は、明治5年 (1872年)米津松造が両国若松町に“白翁に月”の暖簾を分けてもらい、米津風月堂を開店しました。

リキュールボンボンなどを考案したと、公式サイトにかかれていました。

本社・東京都中央区
工場・埼玉県川口市・深谷市等

上野風月堂は1905年に開店

上野風月堂は、1905年に風月堂の家系の養子に入った大住省三郎が開店しました。

本社・東京都台東区
工場・埼玉県八潮市

神戸風月堂は1897年に開店

神戸風月堂は、初代吉川市三が、南鍋町の風月堂に弟子入りし、暖簾分けしてもらい、明治30年(1897)に開店しました。

本社・神戸市
工場・神戸市
うさらんど

3社共通のゴーフルは、昭和の初めに誕生したそうですよ!

ちなみに先日、神戸の風月堂の販売員さんとお話できる機会があったので、他の風月堂の事を聞いてみました。

その販売員さんの話によると、工場も別で、会社も別なので今は別会社として運営しているはずです、とのことでした。

それぞれの歴史を見たところ、風月堂は、大阪屋という菓子店が始まり

その後暖簾分けを経て、各メーカー独自で発展していき、今に至るといったところでしょう。

まとめ

東京風月堂と神戸風月堂は、発祥は同じで、暖簾分けがあった後、別会社として発展。

2メーカーとは別に上野風月堂という菓子店もあり、上野風月堂も暖簾分けして発展した菓子店でした。

商品は、元祖のゴーフルはそれぞれが受け継いでおり、その他のお菓子については、各メーカーごとに、あるものと無いものがありました。

主なお菓子は。

  • 神戸風月堂はブッセ等。
  • 東京風月堂はバタークッキーやリーフパイ等。
  • 上野風月堂はガナッシュの入ったパウンドケーキ等。

なので、ほっくりしたブッセが好きな方にギフトを送る場合には、神戸風月堂。

バタークッキーや、リーフパイ等、バターたっぷりのサックリお菓子が好きな方にギフトを送る場合には東京風月堂がおすすめ。

ということになります。

これで、どちらが良いか悩まずに選ぶことが出来ますね!

\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazon
神戸風月堂
\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazon

-洋菓子