全卵を上手に泡立てたい!ハンドミキサーなしでもできるコツをお教えします!

調理・作り方

これさえできればスポンジケーキは大丈夫です!

全卵の泡立てがうまくいくとそうでないとでは仕上がりにかなりの大差がでます。

素人がやるととても時間がかかりハンドミキサーは必須と思われる方も多いかもしれません。

しかし。ちょっとしたコツで全卵を上手に泡立てることがハンドミキサーなしでも可能なのです!

今回は全卵を上手に泡立てたい!ハンドミキサーなしでもできるコツをお教えします!

これさえできればスポンジケーキは大丈夫です!

全卵を上手に泡立てたい!

ハンドミキサーなしにやる方法と考えられるのが以下の2つ。

泡立て器でやる方法

ジューサーでやる方法

コツは生地の中に「泡」を作ってあげることなのでジューサーでも可能なのです。

しかし、今回はハンドミキサーのような機械を使わない方法なので、ジューサーではなく泡立て器を使ったポイントを紹介していきます!

泡=空気

生地に空気を含ませることでスポンジが膨張剤がなくてもふかふかの柔らかいケーキに仕上がるのです。

なのでこの「全卵の泡立て」はかなり重要なポイント!

ここを失敗してしまうとスポンジケーキはうまくいきません。

※スポンジケーキの上手な作り方はこちらの生地を参考にしてみてください

しかし、この「泡」をつくる作業は本当に大変で、ハンドミキサーに頼らずにしようとすると本当に時間のかかる作業になります。

ですからお家にハンドミキサーがある人は絶対にハンドミキサーに頼ります!

もうハンドミキサーがなかったらスーパーでスポンジケーキ買います!という方も多いと思います。

ところが!!!

絶対に必要だと思われるハンドミキサーがなくても手動で!ちょっとしたコツ!で誰でもスポンジケーキの要である「全卵の泡立て」ができるようになるのです!

全卵を上手に泡立てること=空気を入れること

そのコツをお教えします!

ハンドミキサーなしでもできるコツをお教えします!

以下の3つのポイントを守っていくとふわふわのスポンジに近づきます!

ぜひ参考にしてみてください。

道具を清潔にすること

卵の泡立てに関して特に重要といえるのが不純物」を卵の中に入れないこと!

卵の中に不純物、ちょっとした油や水、埃が入ってしまうとそれだけで泡立てることが難しくなります。

スポンジケーキを作り出す前に道具をチェックしてください。

きれいな布でひと拭きしましょう!

卵をあたためること

卵には次のような性質があります。

「温度が高いとふんわり泡立ちやすく、温度が低いと泡立ちづらいという性質」

この性質を利用し、卵を温める事が重要になるのです!

温度は大体40°ほど、ちょっと高めのお風呂の温度程度に温めることが2つ目のポイントです!

この40°という温度に卵を温めるためには湯煎する際に使うお湯の温度にも気をつける必要があります。

高すぎると卵が固まってしまいますし、低ければスポンジの出来に影響が出ます。

では適正の温度は何度か?

80°といわれています。

お湯の温度にも気をつけて見てくださいね!

適量の砂糖を入れること

分量の3分の1程度の砂糖を入れるのが適量とされています。

昨今の健康志向からお砂糖は体にあまりよくないという風潮がありますが、ケーキを作る際には分量通りに入れてください!

「卵にしっかり溶け込むことで、卵にシロップのような粘りをつけ、泡を抱き込んで潰れにくくするという役割。」

が砂糖にはあります。

お家でケーキを作る場合は必ず分量通りにしましょう!

お砂糖をあまり入れたくないな。。。という方は砂糖の部分を白砂糖でなくてもいいので、はちみつ、黒蜜、きび糖などに変えてみるのも1つの方法です。

上手な泡立て方

手動でも上記のポイントを守ると10分~20分以内で泡立てる事が出来ます。

20分以上かかってしまうと、おそらく失敗です、

ここでポイントになるのが上手な泡立て方。

「ボウルの底を沿うように泡立て器を動かす」

おそらく上手にできているときはリズムよくカツカツと音がすると思います。

上記の動画はメレンゲをつくっていますが、基本的に生地を作るときの泡立て器の動かし方は同じです。

この動画がボールの形を意識した方法でやっているのでわかりやすいと思います。

コツをつかめば誰でもできるようになるので、ぜひ参考にしてみてください。

ハンドミキサーを使わないで泡立てる手順

①道具を清潔に保つ

    ↓

②卵を温める 冷蔵庫から直接出して使うのではなく、室温においてから使う。

    ↓

③湯煎するお湯の温度は80° 卵の温度は40°を徹底する

    ↓

④湯煎からはずして「ボウルの底を沿うように泡立て器を動かす」

    ↓

⑤砂糖は一気に入れずに数回に分けていれること

    ↓

⑥白っぽくなるまで混ぜ、もったりとしてきたらOKです!

ポイントはすくうと泡立て器に多く絡まり、ゆっくり落ちる卵がボウルの中で形を残してとどまったら!とのこと!

きっちりと泡立てることで小麦粉やバターを入れてもつぶれない「泡」ができます!

頑張りましょう!!

まとめ

ハンドミキサーを使わないで卵を泡立てるのはかなり大変ではあります。

しかし、ちょっとしたコツやポイントをしっかりとすれば上手くいくのも事実です、

スーパーなどで買うことも1つの方法ですが、これができたらきっとちょっと自信につながるかも?!

一度ためして見てください!

最後までお付き合いいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました