パン

ヤマザキ【アップルパイ】が美味しい理由。カロリー、値段を検証。アレンジレシピも紹介します。

ヤマザキ製パンにはロングセラー商品が沢山ありますね。

今回はみんな大好きなヤマザキアップルパイを取り上げてみたいと思います。

はっきり言ってコスパ、完成度、これ以上の商品はそうそう無いのでは?

リスペクトの意味もこめて、アップルパイの基本のカロリー値段焼き方。それとパティシエの筆者がアレンジレシピを紹介します。

いい写真なので掲載させていただきました。

ヤマザキ、アップルパイのカロリー、値段は?

重量感あります。

高カロリーは正義!?

ちなみに重量は126gありました。

509キロカロリー!!

ヤバいですね、ドリンク入れたら1食に相当するカロリーかと思います。

しかし、だからうまいんですけどね。

正直ダイエット中は控えます、、

値段は100円前後。

私の近所ではドンキホーテが一番安いですね。98円(税別)で売っています。

コンビニだと120円(税別)以上。

スーパーだと110円(税別)くらいです。

100円を切って売ってる所はほぼ見かけないのでドンキホーテは安いですね。

しかし、同じドンキホーテでも店舗によって価格が変わっているので、100円を切って売っているのを見付けたら即買いだと思います。

いつも98円です!

定番の焼き方はトースター。

バミューダのトースター。こんなので焼けばかなり旨いんでしょうなあ。
画像引用元:家電watch

普通のトースターで5分くらい。

他の人の書かれてるサイトを見るとだいたいトースターで温めているようです。

中身が冷たいままになるのでレンジを併用する方法もあるようです。

スキレットを使って魚焼きグリルで温める?

私はスキレットを使って焼きます。

5分でしっかり中までアツアツになります!

スキレットの利点は、

蓋をするので余分な水分が失われず、ふっくら焼けます。

あと、しっかり焦げ目が付くほど高火力になるということですね!

ちなみに家の魚焼きグリルは片面焼きですが、焼け具合に問題ありません。

パティシエによるアレンジを紹介します。

こちらもスキレットを使って調理します。

クラフティというデザートがあります。

今回はリンゴのクラフティを作ってみたいと思います!

画像引用元:楽天レシピ

↑苺のクラフティ、美味しそうです!

リンゴのクラフティを作ってみました。

スキレットにグラニュー糖を大さじ一杯いれてガスコンロにかけてカラメルを作ります。躊躇なくぶっ焦がしましょう!

スキレットでこんがり焼いたヤマザキアップルパイを適当に刻んだら、スキレットに拡。刻んだ生のリンゴとかレーズン入れてもいいですね!

クラフティの液を作ります。

生クリーム35% 100g

牛乳      100g

砂糖      24g

薄力粉   大さじ一杯

卵黄      一個

よく混ぜるだけでOKです。

クラフティの液をヒタヒタにいれて魚焼きグリルで焼きます。中火で!

10分くらいで焼けました。グラタンみたいですが、ちょっときたならしいですね、これで終わりじゃないですよ!

グラタンの上にガッツリりんごを敷き詰めまたら、再び魚焼きグリルへGO!

焼けました!もはやヤマザキアップルパイの痕跡はないですけど、、

最終形態です。アツアツのヤマザキアップルパイのクラフティ、バニラアイス、蜂蜜、シナモンを添えて。完成です!

自画自賛ですが、とても美味しいです。

クラフティの液を作ったり、リンゴを並べるのが面倒ですが、パンプディングのような味わいでとても美味しいかったです。

ヤマザキアップルパイのリンゴの味、上に並べたリンゴの食感の違い、とろけるリンゴとサクサク感の残ったリンゴが、実に味わいに奥行きを持たせています。

アツアツを皆でワイワイしながら食べたいですね。好きなアイスクリームと一緒に!

まとめ。

今回取り上げましたヤマザキアップルパイですが、

他の方のサイトによりますと、冷凍しても美味しいらしいです。

焼いて良し、冷やして良し、今回アレンジしたような共焼きしても良し、万能ですね。

100円前後で買えることもありがたいです!

私もアレンジしてみて更にリスペクトが深まりました。

https://twitter.com/masakun_3_3v/status/1267750588101439488?s=19
アップルパイをイラストで!?
愛がありますね!
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

藤原 敏夫

1974年生まれ。ポール・ボキューズ、ノブTOKYOで製菓製パン、ペストリーを学び、日本人唯一MOF取得者の美ノ谷靖夫氏に師事。独立してベッカーフジワラを15年経営して廃業。現在はブーランジェリー職人として勤務しながら、経験を活かした記事を執筆中。

-パン