インスタント食品

カップヌードルは2分で食べてもうまい根拠は?3分未満でもうまいと感じる時間とは!!

カップヌードルの「2分で食べてもうまい」という考えを聞いたことはありませんか?

カップヌードルのCMで、映画「天気の子」がコラボしたときに、「2分で食べてもうまい」とありました。

本来3分経ってからと、既製品にはありますが、実際はどうなのか?

今回の記事では、2分で食べても美味しいのかについて紹介したいと思います。

カップヌードルは2分で食べてもうまいのか

カップヌードルの味や、麺の硬さの好みにもよりますが、2分でできたものをうまいと感じる人も多くいます。

そもそも、ラーメン屋で麺の硬さで、硬めやバリカタ、ハリガネなど、硬めの麺を選択する人が多いです。

そのため、2分という時間で、うまいと感じるのは道理です。

私自身、好みとして2分半位が好みの硬さなので、3分待たずに食べてしまうことが多くありました。

何故3分なのか

「一番おいしく食べられる時間が3分だったことから、3分に設定しています。3分は長くもなく、短くもなくちょうどよい時間と言われています。」

引用元:よくある質問|カップヌードル|CUPNOODLE

日清カップヌードルの麺を戻す時間が、3分に設定されているからです。

実際に1分で戻る麺も、作れるようですが、麺を薄くしたり細くしたりしなければいけないようです。

3分で戻すようにすることで、適度な厚さと太さのある麺が保て、麺が伸びる時間も遅くできるように作られています

3分にする心理的理由

カップヌードルが設定する3分という時間にも心理的理由が含まれているようです。

日に日に進化する技術であれば、麺の厚さや太さを考えても、3分未満の時間で問題なく作ることができます。

しかし、発売当初から時間の設定は3分とされています。

発売当初から変わらない時間は、分かりやすさ以外にも日本人のストレス負担にならず、待つことの出来る時間が3分と心理学的にある部分にも共通しています。

結論

カップヌードルは、特に3分経たなくても、美味しく食べることができます。

自分に合った時間を探して、好みの麺の硬さを見つけてはいかがでしょうか?

カップヌードルを作る時の注意点

カップヌードルはお湯を入れられれば、簡単に食べることができます。

しかし、作る時には注意点がいくつかあります。

お湯は、しっかり沸騰(100℃)させてから入れなければいけません。

そのため、標高の高い所で、沸騰させたお湯は沸点が低くなり100℃に満たない場合が、多いです。

ぬるま湯では、正確な時間設定で食べられないため注意しましょう。

まとめ

実際に麺の硬さに好みはあると思います。

しかし、飽きや歯ごたえの無さに不満に感じている方には、時間を変えてみるのも一つの手です。

カップヌードルを、普段しっかり3分経ってから食べている方は、2分とは言わず3分前に食べてみてはいかがでしょうか?

好みの食べ方が見つかるかもしれません。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

murakami

murakamiです。 趣味は簡単なお菓子を作り、それを身内に振る舞うこと、YouTubeの視聴(お菓子作り関係やゲーム実況、アニメ、ライブなど)。 特にお菓子作りは、2020年からどんなに忙しくても最低一か月に一回作るほどハマっています。

-インスタント食品