あめ・ミント・ガム

マシュマロを大量消費できるレシピ7選!!余ってしまうものの有効活用!!

たまに食べて見たくなるお菓子、マシュマロですが少しだけ食べたいだけで、余ること多くないですか?

マシュマロは、すぐに飽きてしまう方が多いお菓子の一つです。

飽きたからと言って、マシュマロを捨てる、放置して賞味期限を切らすのは、もったいないですよね?

そんな時、マシュマロを大量消費できるレシピがあればと、考える人はいるはずです。

今回は、そんなマシュマロ大量消費できるレシピ7選、紹介したいと思います。

マシュマロを大量消費できるレシピとは

多くは食べずに、余ってしまうマシュマロ大量消費にできるレシピ、それはお菓子類のレシピです。

そもそも、マシュマロは、砂糖、卵白、ゼラチン、水あめを原料にしているため、お菓子作りを簡単にすることができます。

多く余ってしまうマシュマロで、プリン(ケミカルプリン)や、ムースなどが手軽に作れるのは、嬉しいですよね?

私もYouTubeで、ケミカルプリンが作れることを知って、一度試してみましたが、手軽に作れました。

個人的な問題点として、必要以上に甘みの調整が上手くできなかったこと以外は、簡単にお菓子を作れてしまいます。

マシュマロを使ったチョコムース

マシュマロを大量に、消費しやすいチョコムースの紹介です。

参考にしたレシピでは、材料3つと少なく、消費したいマシュマロと豆乳or牛乳、板チョコだけで作れます。

手順も単純で、お菓子作り初心者は勿論、火さえ気を付けて使えば、子供と一緒にできるレシピです。

手順は以下の通りとなります。

材料名
豆乳or牛乳240g
板チョコ50g
マシュマロ100g
チョコムース
  1. チョコレートを砕く。
  2. 弱火で豆乳or牛乳を、鍋で温める。
  3. 火を消してマシュマロを入れて溶かす。溶けない場合、弱火で温めながら溶かす。
  4. 「3.」に「1.」を入れ、溶けるように混ぜる。
  5. 容器に入れて、粗熱を取って冷蔵庫で冷やして、完成。

と、簡単な手順です。

「中10個 重さ:8g カロリー:26kcal(1個 平均 0.8g。3kcal)」

引用元:マシュマロのカロリー − 簡単!栄養andカロリー計算

中ぐらいの大きさのマシュマロは、10個で8gです。

単純計算で、中ぐらいの大きさのマシュマロでしたら、100個以上の消費ができます。

お菓子作り初心者には初めてのお菓子作りに、親御さんはお子さんと一緒に作ってみてはいかがでしょうか?

マシュマロを使ったクラッカーサンド

チョコムース同様に、お子さんと一緒に作ることができるマシュマロを使ったクラッカーサンドの紹介です。

クラッカーにマシュマロとチョコを挟み、レンジで数秒温めるだけととても簡単です。

マシュマロの消費量は少ない印象を持たれていると思いますが、クラッカーサンドはよくパーティなどで出されているイメージ在りますよね?

誕生日会みたいな大勢集まる際には、50個や100個あっても足りない可能性が高いです。

ちょっとした集まりでも、十分に消費できるのではないでしょうか?

飽きさせない工夫として、チョコではなく、ピーナツバターやレモンと言った甘みが少ないものをマシュマロと一緒に挟んでも相性が良く、美味しく食べられます。

また、クラッカーが無い場合は、ビスケットで挟むのも良いです。

マシュマロを使ったゼリー

チョコムース、クラッカーサンドより材料が少ないゼリーにするのも美味しいです。

マシュマロとジュース(お好みの)だけと、自宅ですぐに作れてしまいます。

マシュマロに含まれるゼラチンで、ジュースを固める単純なものですが、様々なジュースで作れる点から、飽きがきません。

参考にしたレシピの手順は、以下の通りです。

材料名
マシュマロ6個
好きなジュース80ml
ゼリー
  1. 一カップに、マシュマロを3つ入れ、レンジで15〜20秒ほど様子を見ながら加熱。
  2. 完全にマシュマロが溶けるまで、レンジで10秒ずつ温める。
  3. マシュマロが溶けたらジュースを注いでよく混ぜ、15秒レンジで温める。
  4. 粗熱が取れたらラップをして、冷蔵庫で冷やし完成。

参考にしたレシピの材料量は、二人分ですので、量の調整を行えば、更にマシュマロの消費量は可能です。

また、一カップ当たりのマシュマロの量を、調整すれば多少硬めになどもできます。

マシュマロを使ったトースト

上記で紹介してきたレシピと違って、朝食や昼食にもなる菓子パン系のトーストです。

今回参照したレシピには、ゆずを使ったことで、さっぱりとした味わいのため、甘いのが苦手な方にもおすすめします。

材料は、下記のとおりです。

材料名
食パン1枚
バター(マーガリン)大さじ1
マシュマロ15~18個
ゆず1/2個
トースト

食パンにバターを塗って、その上にマシュマロを並べていき、ゆずの果汁をつけて焼くと手順も簡単です。

焼き時間も、トースターで3分ほど、マシュマロに焼き目が付いたら完成です。

一枚で15から18個と、マシュマロの消費量も多く朝食昼食おやつと幅広く食べられます。

ゆずの果汁以外にも、同じ柑橘類のマーマレードジャムやチョコ使うレシピがありました。

好きなものを合わせて試すのもおもしろいのではないでしょうか?

マシュマロを使ったキャラメルポップコーン

コロナ禍で、映画を見に行けない方におすすめのレシピです。

作るのが難しいと思われるキャラメルポップコーンですが、マシュマロを使うことで簡単に作ることができます。

部屋を暗くして、家で映画気分を味わえるのではないでしょうか?

材料や作る手順は、以下になります。

材料名
ポップコーン(コーン豆)ダイソー半袋
マシュマロ10個
砂糖大さじ2
大さじ2
ひとつまみ
バター15g
大さじ1
キャラメルポップコーン
  1. ポップコーン(コーン豆)の半袋を、蓋付きフライパンにいれ、油をいれ、中火から弱火にしながらフライパンをゆする。
  2. ポップコーンがはじけ、全部ポップコーンになったら、一度ボウルにいれる。
  3. フライパンを洗い、水気を取りったら、フライパンにマシュマロをいれて、弱火にする。
  4. マシュマロが溶けてきたら砂糖、水をいれキャラメル化させる。
  5. 「2.」を「4.」に入れて菜箸で絡めて混ぜる。
  6. 「5.」に塩を入れて混ぜる。
  7. 「6.」が加熱しながら、一つ一つ離れてきたら完成。

と、上記の手順になります。

マシュマロを大量消費するため、量を調整して、事前に作り置きしておくのも一つの方法です。

その際には、しっかりと保存しておきましょう。

マシュマロを使ったケーキ

最後にマシュマロを、使って作るケーキを紹介いたします。

今回参考にしたレシピでは、ビスケットを使った簡単タルト生地、マシュマロを使ったムース、苺を使ったゼリーのケーキです。

材料名
ビスケット30g
牛乳大さじ1
タルト生地

まずは、タルト生地の手順から始めます。

  1. 袋にビスケットを入れて、棒などで叩いて細かく砕く。
  2. 「1.」に牛乳を加えて、全体に馴染むまで揉み混ぜる。しっとりしなければ、牛乳を少量加えていく。
  3. 型に「2.」を敷き詰める。

上記手順にて、タルト生地は完成です。

次に、ムースの手順に入ります。

材料名
マシュマロ20g
牛乳30cc
ムース
  1. 容器にマシュマロと牛乳を入れて、500Wのレンジで40秒ほど見ながら加熱する。
  2. 「1.」をよくかき混ぜて、マシュマロを完全に溶かす。
  3. タルト生地が入っている型に、「2.」のムースを入れ、冷蔵庫で冷やし固める。

最後に、ゼリー部分の手順です。

材料名
お好み
ゼラチン3g
熱湯100cc
砂糖小さじ1
ゼリー
  1. ゼラチンと砂糖を、熱湯で溶かす。
  2. 冷やし固めたムースの上に、カットした苺を並べる。
  3. 「2.」に「1.」のゼリー液を半量注ぎ、冷蔵庫で30分〜1時間くらい冷やす。
  4. 「3.」がある程度固まったら、もう半量のゼリー液を入れ、さらに1時間〜2時間ほど冷やし固めたら型から外して完成。

の、手順になります。

時間はかかりますが、簡単ですよね?

ムースだけで無く、透明なのを意識しないのであれば、ゼリーをマシュマロで固めるなどの方法があります。

方法次第では、マシュマロを十分に大量消費することも可能です。

他にも、苺ではなく桃やみかんなど缶詰を使っても面白いのではないでしょうか?

まとめ

あまり食べないお菓子マシュマロですが、もし余ったとしても様々な方法で、消費できることがわかりました。

マシュマロが余っていたら是非、試してみてはいかがでしょうか?

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

murakami

murakamiです。 趣味は簡単なお菓子を作り、それを身内に振る舞うこと、YouTubeの視聴(お菓子作り関係やゲーム実況、アニメ、ライブなど)。 特にお菓子作りは、2020年からどんなに忙しくても最低一か月に一回作るほどハマっています。

-あめ・ミント・ガム