インスタント食品

カップヌードルの時間は3分が一番美味しい?時間設定で変わる美味しさ!

カップヌードルって、3分って設定されていますが、実際の時間設定って一人一人美味しいと感じる時間は違いますよね?

2分から2分30秒でも美味しいと答える人も周りに多いのではと思います。

しかし、何故美味しいと言われているのか?

実際に時間設定で変わるか、紹介いたします。

カップヌードルの麺が戻る時間設定は3分でないといけないのか

お湯を入れて待つ時間は、3分でなくても美味しく食べられますよ。

そもそも、日清カップヌードルの麺を戻す時間設定が、3分にしている理由が、美味しく食べられる時間となっていますが、人それぞれに好みがあります。

例えば、ラーメン屋で注文するとき、「麺は硬めで」と注文する方をよく見かけたりしませんか?

または、注文する自分自身がそのように注文していないでしょうか?

逆に、軟らかめを注文する人も見かけたことがあると思います。

人によって麺の硬さには、好みが千差万別です。

そのため、決められた時間である、3分以外でも美味しく食べられると言えます。

カップヌードルが3分で麺が戻る理由とは

「一番おいしく食べられる時間が3分だったことから、3分に設定しています。3分は長くもなく、短くもなくちょうどよい時間と言われています。」

引用元:よくある質問|カップヌードル|CUPNOODLE

日清カップヌードルの麺を適切な太さや長さにしたり、麺が伸びる時間を遅くしたりするため、時間設定が3分となっています。

開発理由は、紙コップで手軽に食べられるラーメンとして、日清食品が作り出した商品で、現在も大人気なカップラーメンの一つであることを皆さんもご存知でしょう。

何故麺が短時間で戻るのか

「麵を高温の油で揚げると、どうなる? 百福は考えた。そう、中の水分が蒸発してたくさんの穴が開いて麵が乾燥するぞ。そこにお湯をかければ、穴という穴にお湯が入りこんでやわらかくもどり、すぐにおいしく食べられるのではないか?」

「“瞬間油熱乾燥法” が産声を上げた瞬間です。」

引用元:麺のギモン|カップヌードル|CUPNOODLE

「瞬間油熱乾燥法」により、お湯を入れ短時間で麺を戻すことができるようになり、販売当初から現在まで使用されています。

この方法により、長時間の保存を可能としているようです。

美味しい早いだけでなく、長持ちできる点から非常食としても活用できます。

カップヌードルで硬めな麺好きが行っている時間設定

カップヌードルで硬めを好んでいる人も、少なからずいますね。

下記にSNSの情報を紹介いたします。

2分30秒が好みの方

2分30秒に時間を設定して少し早めで食べる人は、味が染みこんで、かつある程度の食感の硬さを好んでいる様子です。

本来の3分では、麺が軟らかくラーメン屋で言うところの「普通」から「軟らかめ」の硬さではないでしょうか?

対して、2分30秒設定は、ラーメン屋で言う「硬め」から「普通」な硬さのある麺が食べられる時間だと考えられます。

私自身も良くこの時間設定を好んで食していましたので共感を覚えますね。

1分半から2分が好みの方

1分半から2分と上記の時間設定より短くしている方は、何より麺の硬さにこだわりを持っている様子です。

ある程度の硬さが残る辺りは、ラーメン屋で言う「バリカタ」から「硬め」なのではないでしょうか?

1分が好みの方

https://twitter.com/punipunibrujita/status/1403520029543391232

1分とほとんど湯を入れてから待たずにすることで、ラーメン屋で言う「バリカタ」の硬さの麺になるようです。

「バリカタ」が、好きな方には確かに良いと思えますが、注意点として硬い麺は、消化に悪いので注意しましょう。

まとめ

カップヌードルの3分は、美味しい時間の目安であって、一人一人の好みに合っているわけではありません。

人によっては、10秒の時間で蓋を開けるなんて方もいるようです。

自分好みの時間を、見つける冒険をしてみては、いかがでしょうか?

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

murakami

murakamiです。 趣味は簡単なお菓子を作り、それを身内に振る舞うこと、YouTubeの視聴(お菓子作り関係やゲーム実況、アニメ、ライブなど)。 特にお菓子作りは、2020年からどんなに忙しくても最低一か月に一回作るほどハマっています。

-インスタント食品