ソフトクリームとアイスクリームの違いは?両者を美味しく味わおう!

豆知識

身近なスーパーやコンビニでも買うことができる、ひんやりと甘くて美味しいアイス。

手軽にいただけるスイーツとして欠かせないですね!

そんなアイスたち、アイスクリームやソフトクリームというように異なる呼び方を耳にしますが、実は明確な違いがあるんです。

今回はアイスクリームとソフトクリームの違いや、アイスに関する知っとくとトク?な情報をご紹介します!

アイスクリームとは

アイスクリームは牛乳や乳製品を原料として、冷やしながら空気を撹拌してクリーム状になったものを凍らせたもの。

製造後はやわらかいクリーム状のまま容器に詰めて、-30℃以下で急速冷凍されます。

そして運搬や保管時には-25℃~-30℃とし、販売時には-18℃以下で売られているんです。

だいぶ温度を下げ、カチンコチンになってから私たちの手元に届くんですね~。

ソフトクリームとは

ソフトクリームの製品温度は-5℃~-7℃で、あまり極端な低温では冷やされていないんです。

そのため、含まれる氷の結晶が少量かつ小さく、なめなからな口当たりのよさ、できたてのフレッシュ感が特徴。

本当のソフトクリームは、できたてをその場で食べるのがイチバンなのかもしれません(笑)

ソフトクリームは「soft」と「cream」をかけ合わせた造語で、英語では「soft serve ice cream」と表現されます。

アイスクリームとソフトクリームの違い

アイスクリームとソフトクリームの違うところは一体なんでしょうか?

その答えはというと…、これまでにも記載していますが、ズバリ温度なんですよ。

アイスクリームは-18℃、ソフトクリームは-5℃~-7℃でちょうど良い味に作られています。

それぞれ原料の配合や作り方も違いますが、ソフトクリームはできたてのアイスクリームといったところですね。

また、アイスの美味しさの鍵を握る「オーバーラン」の設定にも違いが。

オーバーランって?
  • アイスに含まれる空気の量
  • 高いと軽い食感でさっぱり味、風味が弱く甘みや冷たさを感じにくい
  • 低いと風味が強く濃厚で、甘みや冷たさを感じやすく、アイス自体がしっかり冷える
オーバーランの比率

アイスクリーム…60%~100%

ソフトクリーム…30%~80%

ソフトクリームは低い温度なので、比率を下げて空気を少なくし、冷えやすい状態で形も保つ感じですね!

アイスの分類

アイスクリームとソフトクリームについて確認しましたが、この2つはモノによってさらに細かく分かれます。

表の通りアイスクリーム類と氷菓に分類、さらにアイスクリーム類はアイスクリーム・アイスミルク・ラクトアイスに分けられます。

乳固形分や乳脂肪分によってアイスクリーム類に分類され、それ以外は氷菓になるんですね。

アイスクリーム

  • 乳固形分、乳脂肪分が多く含まれ、風味が豊か
  • 乳脂肪分が高いためコクがある
  • 比較的高価

アイスミルク

  • 乳固形分、乳脂肪分はアイスクリームより少なめであっさり
  • 牛乳と同程度の乳成分、栄養価
  • 商品によって植物性油脂を使用

ラクトアイス

  • 乳脂肪分の成分規格はない
  • ミルク感を補い、植物性油脂が多く使用されることがある
  • 比較的リーズナブル

氷菓

  • 乳固形分はほとんどない
  • 果汁などを凍らせたシャーベット、かき氷、アイスキャンディーなど
  • 比較的低カロリー

ただ、厳密な分類は別として、私たちは普段アイス全般を総称してアイスクリームと呼ぶことが多いですね。


ロッテの「爽」はラクトアイス
引用元 https://richlife100.com/4147.html

自家製ソフトクリームもあり?

程よく凍らせて作ったソフトクリーム、なんだか食べたくなってしまいます。

いっそのこと自分で作ってしまおうか、いやその前に作ることって可能?

NHK Eテレの番組「すイエんサー」では、以前手作りのソフトクリームにチャレンジしたようです。

材料を冷やして混ぜ合わせる時に、塩氷を使うのがポイントとのこと。

塩氷を使い、なんと-17℃まで冷やすことができたそうですよ。

ソフトクリームを越えて、アイスクリームまでできてしまいそうですね(笑)

詳細が気になる方は、ぜひこちらから見てみてください。

すイエんサー2019年8月19日

まとめ

アイスの世界も、色々な種類のものがあってなかなか奥が深いですね。

私は普段、安価なものがたくさんあるラクトアイスを食べることが多いです。

ですが、たまには「本物」のアイスクリームやできたてのソフトクリームを求めて食べるのもいいかも、と思いました!

皆さんも食べたいなーと思ったアイスを食べて、美味しく癒されてみてはどうでしょうか。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました