ブールミッシュの味は美味しくない?!ギモーヴはまずい?口コミを徹底検証!

お店

ブールミッシュというケーキ屋さんがあります。

私もお菓子に携わる人間として、尊敬してやまない日本のフランス菓子レジェンドである吉田菊次郎先生のパティスリーで全国に100店舗以上あります。かなり大きな洋菓子チェーンですね。

スイーツ好きでブールミッシュを知らない人はいないと思います。

しかし、新進気鋭のパティスリーが次々とオープンする中で、目新しさがなく地味で、個性が埋没していると思われてないでしょうか? 

ブールミッシュは”美味しくない“や”ギモーヴまずい”といった噂を聞くのですが、本当にそうなのでしょうか?

最近は私もブールミッシュをチェックしていませんでしたが、どのようなケーキを販売しているか気になりましたので、

早速、池袋西武にある店舗に行ってきました。

目立つ所にシブーストが陳列されていました。

全ての商品をチェックするのは難しいですが、結論をいうと過去のイメージを覆すような素晴らしい商品の数々でした!

【ブールミッシュ】”美味しくない”は本当か?

実は私も”美味しくない“ということに少し心当たりがありました。

昔のブールミッシュは少し安価なケーキ屋さんという印象があり、味も値段相応だったなと記憶しておりました。

口コミで「ギモーヴがまずい」

私は当事者ではありませんが、この手のヒステリックな口コミは非常に不愉快です。しかし当然、その感情は圧し殺しましょう。

小売業という弱い立場につけ込んで、クレームを入れて品物をせしめたり謝罪させることが正義だと思っている人が一定数必ずいます。

しかし、丁寧な対応をしなければ、上のTwitterみたいなことを、簡単に書き込める時代ですね。

これは完全にお店の対応ミスです。

これはギモーブがまずいとかいう話ではなくて、商品の詳しい説明を知りたい(イメージするマシュマロとの違いや、どういう意図を持って販売しているのか?など)のに、ただ突き返した形になっています。

今回は、クレーム対応の記事では無いので別の機会にしますが、検索すればいくらでも対応例が出てきます、なぜこのような対応になったのでしょうか?

ブールミッシュほどの洋菓子チェーンが販売対応のマニュアルを整えて無いわけないと思いますが、だから完璧か?(ヒューマンエラー)というものでもないでしょう。間違った対応しないようマニュアルを周知することが大事だと思います。

結論は店の対応が“美味しくない”ですね。(結構過去の口コミですが良い対応済みであることを祈ります)

そうです、これは私も同感ですね。

安かろう不味かろうなら、より安価なコージーコーナーほうに流れますね。コスパ的に。

ただし、こちらは10年前の口コミです。

大事なのは今どうなのか?ではないでしょうか。

“美味しくない”イメージは払拭できたか?

シブーストというケーキを日本で広めたのはブールミッシュです。

実食シブースト、やはり絶品でした

ブールミッシュの代表作でもあるシブーストは間違いなく絶品だと思いました。

濃厚な卵の味がするタルト、それを包み込む軽やかなシブーストのバランスが非常に完成度が高いです。

キャラメリゼの苦味、リンゴのコンポートの香り酸味がアクセントになり渾然一体となっていて本当に素晴らしいですね。

日本人よる日本人の為のフランス菓子として最高傑作ではないでしょうか?

味覚は人それぞれですが、玄人好みではなく誰が食べても良く出来ているなと思えるケーキだと思います。

シュークリーム、絶品でした

ケーキ屋さんのシュークリームとは、安価であり嫌いな人がいない一番売れる商品です。

それ故に、パティシエのお菓子に対する考え方がよく表れます。

ブールミッシュのシュークリームは、まず形が美しいですね。

綺麗な円に整えてあり、表面にはあられ糖がほどこされていて、実にエレガントな仕様です。

中に入るクリームはカスタードよりホイップの割合が多く軽めですがバニラの香りが強く、余韻を持たせます。

安価であっても駄菓子的な雰囲気をまとわせないパティシエの気概を感じさせる一品でした。

焼き菓子、コスパ的には充分なのでは?

私は、このような安価な焼き菓子には強いこだわりを持っていますので、色々揃えてみました。

正直、可もなく不可もない味ですが本当に安価なので(100円~150円位)充分な物ではないでしょうか?

同じ位の価格帯でアンリ・シャルパンティエの焼き菓子と比較するとブールミッシュの方が小ぶりですが、味が深く美味しいと感じました。

人気があるとか一番売れているとか、先入観なしで、目隠ししたつもりで味わって欲しいと思います。

モンドセレクション受賞、揶揄する声はお門違い

この2つが受賞しております。

ブールミッシュオンライン

モンドセレクションは金で買える賞だという批判がありますが、受賞作で”美味しくない“ものがあるのでしょうか?

最も美味しい物ではないですが、基準を満たせば受賞できるので品質は保証されているという物ですね。

どういう賞なのか知らないのに、勝手なイメージで批判するのは、ちょっと何言ってるかわからないです。

モンドセレクションに絶対的な権威が有るわけではないですが、チェーン店の宣伝の費用対効果で見ると価値が有るので、商売としては正しいと思いますが。

見た目やイメージで味が変わる?

人間の味覚は、いい加減なものです。

以前、10円の玉子と50円の玉子を固茹でにして、目隠しして食べてみるという実験をしてみました。

結果は、自信をもって判別できる者はいませんでしたが、見た目の卵黄の色の濃さを見ると、誰でも区別できて50円のほうが美味しいと感じるのですね。

この現象は食べ物の商売では凄く大事です。

ブールミッシュは安かろう不味かろうでコスパ的にも中途半端な立ち位地のイメージでした。

巨大な洋菓子チェーンで有るために”美味しくない“口コミも数が多く目立ってしまうのかもしれません。

多店舗展開していて全ての店がが同じクオリティだとは思いませんが、

今回訪れてみて、確実に”美味しい“に変わって来ていると感じました。

まとめ

美味しいまずいは先入観やイメージなどの思い込みで左右されるので難しいです。(特にスイーツ好きでもなければ大いに見た目やイメージに左右されると思います)

ただ私も、今回ブールミッシュを訪れたのは久しぶりで、随分イメージが変わりました。

シブーストという最強アイテムが有るだけでも、抜きん出たお菓子屋さんでは?と思います

ブールミッシュの中のことは解りませんが吉田先生以下の主要なシェフが代替わりしたのでしょうか、今風の華やかなパティスリーになっていました。(企業としても規模が大きくなってました)

銀座ウエストやユーハイムのようないぶし銀の魅力ではなく、変化を求め進化するパティスリーからは目を離せないことを思い知りました。

美味しくない“イメージからの脱却です。

スイーツ好きのオールドファンも自身の情報を更新すべくブールミッシュを訪れてはどうかと思いました。

ブルーミッシュが近くにないって方もネットからの購入もできるので、ぜひ食べてみてくださいね!

この記事を書いた人
藤原 敏夫

1974年生まれ。ポール・ボキューズ、ノブTOKYOで製菓製パン、ペストリーを学び、日本人唯一MOF取得者の美ノ谷靖夫氏に師事。独立してベッカーフジワラを15年経営して廃業。現在はブーランジェリー職人として勤務しながら、経験を活かした記事を執筆中。

藤原 敏夫をフォローする
お店
スイーツ大陸

コメント

タイトルとURLをコピーしました